最新・ユニクロUの買うべき3選。発売前に完売続出のアイテムも/バイヤーMB

写真拡大

 ファッションバイヤーのMBです。
 今回は発売が2月1日に迫ったユニクロUのマストバイ予想! 買うべき3点をピックアップしてご紹介します。
(画像は公式オンラインショップより、税抜き)

◆予想90点:堅苦しくないトレンチコート
●ブロックテックトレンチコート 12,900円

 アウターのマストバイはこちらが濃厚か。

 トレンチコートの原型と言われているタイロッケンコートを模した形。トレンチコートは通常ボタンが二列に並んだダブルブレストが一般的ですが、タイロッケンコートはボタン一列のシングルブレストになっています。前を重ねて着るところとトレンチライクな大きな襟があるため重厚な印象はあるものの、ボタンが二列ではないためあまりビジネスライク・マニッシュな印象は薄め。「堅苦しくなくナチュラルに羽織れるトレンチコート」としてここ数年人気です。

 今回ユニクロが作ったタイロッケンはベルト長めのデザイン。シンプルなタイロッケンデザインのアクセントとして長くしているのでしょう。小顔に見える大きめのフードもあり、数あるタイロッケンの中でも一枚でサマになりやすいアイテムになっている様です。

 またユニクロ得意のブロックテック素材を使っているため防寒・透湿性もバッチリ。蒸れにくい快適な着用感を実現してくれます。色やサイズ次第でかなりの人気になりそうなので、気になる場合はお早めに。

◆予想90点:ビッグサイズでもだらしなくならないセーター
●ミラノリブリラックスシルエットクルーネックセーター(長袖) 2,990円

 ここ数年ビッグシルエットのトレンドが継続中。この要因には90年代ストリートファッションのリバイバルなどももちろん挙げられますが、通販需要も理由の一つ。オンライン通販では細かいシルエットや適性サイズなどを狙いにくいため、多少サイズを間違えても問題ないオーバーサイズシルエットが売れる。そのためどのメーカーもサイズレスの流れを強めています。情報伝達が早くなりトレンドの変化が目まぐるしくなった今の世の中で、珍しく何年もビッグサイズが続いているのはそのあたりが起因しているわけです。

ただし今年2019SSのビッグシルエットは一味違う。ただデカイだけのビッグサイズに皆さすがに飽き飽きしており、今年は「メリハリのあるシルエット」がおすすめ。今回のユニクロUのラインナップでは特にこのメリハリが意識されている様に思えます。

 ユニクロが毎度作るミラノリブ素材のニットも今年は袖先をぐぐーっとテーパードさせたデザインに。袖幅は広く二の腕の膨らみは隠せる、身幅も広くボディラインもしっかりごまかせる・・・でも袖先は細く裾もピタリとフィットした短丈になっているため「ユルいけどだらしなくない」品の良いビッグサイズになっている様。

 体型を誤魔化したい、ビッグサイズを選びたい・・・けどだらしないカジュアルすぎるファッションになるのは勘弁してほしい・・・そんな人は今回のミラノリブニットをチェックしてみると良いかも。

◆予想90点:すでに完売続出!ユニバレしにくいデザインパーカー
●スウェットプルパーカ(長袖) 3,990円

 毎年恒例のスウェットパーカーは今年一風変わったデザインにアップデート。こちらは先行発売されています。パーカーに通常ある袖先と裾のリブが廃止され、カットソーのようにストンと落ちる綺麗なシルエットになっています。

 一度でも着たことのある人なら理解できていると思いますが、ユニクロのパーカーはとにかく質が高い。他ブランドよりフードが大きく立ち上がりやすく小顔効果がありスタイルアップに役立ちます。ただあまりにもシンプル&スタンダードなデザインだけにユニバレしてしまうのが玉に瑕。そこで今回のユニクロUの様な「デザインパーカー」がおすすめ。

 裾と袖先のリブを排しただけではありますが、印象としては全く異なる。パーカーらしい丸みのあるシルエットがなくなりやや洗練されたイメージ。裾は両サイドにスリットが入っているため前だけタックインするような着こなしにも対応してくれます。

 すでに黒は完売状態。気になる人はお早めに。

<文/MB>

【MB】
ファッションバイヤー。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」、著書は『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など多数