アシストにPK獲得…3ゴールに絡んだ南野拓実「貢献したいと思っていた」

写真拡大

 日本代表は28日にAFCアジアカップUAE2019準決勝でイラン代表と対戦し、3−0で勝利を収めた。

 1点目と3点目をアシストし、2点目のPKを獲得した南野拓実は試合後、「攻撃の選手なので得点に絡んでチームに貢献したいと思っていました」と満足感を示しつつ、「チーム一丸となって取った勝利だと思います」と振り返った。

 そして決勝に向けて「応援してくれる人のために優勝して帰りたいです」と意気込みを語った。