1983年に開店した原宿・竹下通りのクレープ専門店「エンジェルスハート」が、2019年1月14日に閉店した。


エンジェルスハート(C)Google

竹下通り沿いに店を構え、クレープを買ったことがなくてもピンクのハートが目立つ外観を覚えているという人もいるはずだ。35年の歴史を誇る老舗クレープ店だけに、ネット上には閉店を惜しむ声も寄せられている。

閉店理由は「ビルの建て替え」

「エンジェルスハート」は1983年12月24日、竹下通りに開店。原宿のクレープ文化を牽引した「カフェクレープ」と同じ運営会社が経営していた。

Jタウンネット編集部は19年1月28日、カフェクレープ社長の小野瑞樹さんに、閉店の理由について詳しい話を聞くと、

「大家さんが変わって、ビルの建て替えをすることになった」

とのこと。再出店については、こう話した。

「3年前くらいから場所を探しているけど、竹下通り・キャットストリートに中々みつからない」

世界的に注目を集める原宿の地域での店舗探しは難しいようだ。「場所があれば再出店する」としている。

閉店の告知はいつから行っていたのかを聞くと、

「(編注:閉店の)数日前から」

としており、実際にカフェクレープのツイッターアカウントが閉店について投稿したのは1月10日だった。

また、ツイッターユーザーからは、

「種類は多々あると言え、クレープ1本でこんだけの年数やっていけるって凄いなぁと思います」
「スタッフでよく行ってたクレープ屋だからかなり寂しい(TT)最後に行っておけばよかった・・・(TT)」
「最近は流石にクレープ自体買う事は無くなったけど、通れば安心するランドマークな存在でしたね。思い出と共にお疲れ様です」

といった反応が寄せられている。