吉田麻也、イラン戦は「総力戦になる」…復帰した大迫勇也には期待

写真拡大

 日本代表は27日、翌日に迫ったAFCアジアカップUAE2019・準決勝のイラン代表戦に向けて調整を行った。練習後の取材に応じたDF吉田麻也は「決勝のつもりで戦わないといけない」と意気込みを語った。

「ヨーロッパの選手もJリーグの選手も、自分のキャリアのリスクを負ってここに来ている。Jリーグはトレーニングキャンプ始まっていますし、僕らもシーズンが続いている。ここで負けてしまえば、予選で負けたことと変わらない。明日しっかり勝って決勝に進みたいと思います」

 イランの若きエースとして攻撃陣を牽引しているFWサルダル・アズムンは今大会ここまで4ゴールを挙げている。「僕はいつもFWを封じないといけないので、やることは変わらない」と語った吉田だが、「相手の隙を見逃さなかったり、フィフティー・フィフティーのボールに対して自信を持っている感覚がある。そこの処理を確実にこなしていかないといけない」と警戒している。

 一方、右臀部の違和感から復帰したFW大迫勇也については、「予選からずっと休んでいたので、やってくれると思う」とエースとしての活躍に期待を寄せた。

「困った時にボールをキープして、時間を作ることができる選手。効果的な選手であるのは間違いない。本人もやりたくてウズウズしていると思う。もちろん、サコだけに頼ることはないけど、サコが帰ってくることは嬉しいニュースです」と復帰を喜びつつ、「90分で決着がつかない可能性はある。前回や前々回と同じで総力戦になる。サブの選手が結果を出す可能性も十分にあるので、全員がいい準備することが大事」だと語り、総力戦であることを強調した。