厳選!新馬情報局(2019年版)
第35回:カレンモエ

 競馬における”スピード勝負”と言えば、芝1200mで行なわれるスプリント戦である。その舞台において、ライバル関係にあり、ともに輝かしい実績を残した牡牝の名スプリンターから生まれた子どもがいる。

 栗東トレセンの安田隆行厩舎に所属するカレンモエ(牝3歳/父ロードカナロア)である。

 彼女の母は、2011年から2012年にかけてスプリントGIを2勝したカレンチャン。4歳春、2011年2月の段階ではまだ1600万下の身だったが、同条件の特別レースを制すると、そこから驚異的な快進撃を見せた。

 続くGII阪神牝馬S(阪神・芝1400m)で重賞初制覇を遂げると、そのまま重賞を3連勝。さらにその勢いはとどまることなく、強豪・外国馬をはじめ、歴戦の牡馬を相手に回して、GIスプリンターズS(中山・芝1200m)までも快勝し、怒涛の5連勝を飾って初のGIタイトルを手にしたのだ。


スプリントGIを2勝しているカレンモエの母カレンチャン

 そして翌2012年も、春のGI高松宮記念(中京・芝1200m)で優勝。”スプリント女王”の力を存分に見せつけた。

 しかしその年の秋、連覇を狙ったスプリンターズSでは2着に惜敗。ひとつ年下の牡馬に後塵を拝すことになった。

 その牡馬こそが、ロードカナロア。すなわち、カレンモエの父である。

 春の高松宮記念では、カレンチャンに敗れて3着だったロードカナロア。だが、以降に本格化し、スプリンターズSでカレンチャンを負かしてGI初制覇を決めると、一気にスターダムへとのし上がっていった。

 スプリンターズSを勝ったあとは、「スプリント王国」と呼ばれる香港に遠征。日本の調教馬として、初めてGI香港スプリント(香港・芝1200m)を制したのである。

 翌年(2013年)も、圧巻の競馬を披露。高松宮記念を完勝してスプリントGIの秋春連覇を果たすと、マイルGIの安田記念(東京・芝1600m)にも挑戦し、見事に”2階級制覇”を成し遂げた。

 さらに秋には、スプリンターズS、香港スプリントと、ともに連覇を達成。「絶対王者」と称されたスプリント王は、GI通算6勝を挙げて、日本の競馬史にその名を刻む活躍を見せた。

 そんなカレンチャンとロードカナロアとの配合によって生まれたカレンモエ。現在は、偉大な父と母が育った同じ安田厩舎に所属し、デビューに向けて準備を進めている。その様子を、関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「カレンモエは、昨年11月にゲート試験に合格。その後、いったん短期放牧に出されて、今またデビューへ向けてトレセンで調整されています。

 父母ともに、現役時代に素晴らしい成績を残していますし、ロードカナロアは種牡馬デビューした年から活躍産駒を多数輩出しています。血統面から考えて、カレンモエが高いポテンシャルを秘めている可能性はあるでしょう」

 同世代に比べるとデビューが遅れているが、それについては「理由がある」と、先述のトラックマンが語る。

「まだ少し体質の弱さというか、体の緩さを残しているようです。これだけの血統ですし、焦らず、じっくり進めているみたいですよ。父も母も、2歳の早い時期から活躍したタイプではないので、これから大きく良化していくのではないでしょうか」

 しばらくは馬の様子を見ながら、じっくりと調整していくようで、初陣についても、あくまでも馬の状態次第だという。 まさに日本競馬のスプリント界を代表する父と母を持つカレンモエ。その類いまれなスピードを見せつけてくれる日が早く来ることを期待したい。