そんなこと言う人だったんだ…。男が“本命候補から外す”女のセリフ4選

写真拡大

自分の発言がきっかけとなって好かれたり、嫌われたりすることは恋愛ではよくあることです。
ついKYなことや、不自然なことを口にして、嫌われたり冷められたりするきっかけを作っていませんか?

恋愛がいつもうまくいかないのは、ついいつも言いがちな自分のセリフに原因があるのかもしれません。
今回は男性が本命候補から外す女のセリフを紹介します。

(1)「これだから男の人は……」


『いろいろな人と遊んできたのかな、というイメージを持ってしまう』(26歳/メーカー)

勘違いな女性が言いがちなこととして、分かったように男性のことを語るセリフがあります。
まず、男性は上から目線で説教臭く話す女性を嫌がります。
「私なんでも分かってます」感が鼻につき、一気に仲良くなりたい気持ちが冷めるでしょう。

また、男性をやたらと語ろうとする口調は、男遊びの激しさを感じさせる場合も。
それだけ男性のことを分かっているということは、つまり男性経験が豊富だということ。
そのせいで「もっと初々しい子がいいな」と思う男性は正直多いです。

(2)「〇〇ちゃんは絶対モテないと思う!」


『自分の友人である子を上から評価する発言に正直引いてしまう』(27歳/公務員)

分かったように偉そうな態度で喋るのは、そもそも面倒臭がられることが多いんです。
そのため、自分のことを棚上げして他の友達を偉そうに評価したり、けなしたりする姿はあまり印象は良くありません。

自分のことは甘く見て、周りを厳しく見るのは、まさに嫌われる人の典型パターン。
「〇〇ちゃんは絶対モテないと思う!」と偉そうに語るその姿を見て、男性はどう思うでしょうか?

「そういうお前はどうなんだよ……」と正直突っ込みたくなるはずです。
周りへの愚痴や文句ばかりを話すことが多い女性は要注意。

(3)「ダサい」


『聞いて気分の良くなる人はいないと思う』(30歳/IT)

「ダサい」「ウザい」といった人をけなす言葉は、ただでさえ印象は悪いもの。
自然体な感じを大切にして、はっきりと物事を言うのも確かに必要なことかもしれません。
ですが、はっきりとしていることと、相手を傷つけることは全く別個のものです。

特にダサいという言葉は、相手の考え方やセンスを傷つける言葉になります。
軽はずみにダサいというセリフを浴びせられ、急に気持ちが冷めてしまう男性は多いです。

(4)露骨すぎる下ネタ


『適度にノッてくるならまだしも、男並みに話してこられると……』(24歳/通信)

お酒の席など、テンションが上がるとつい下ネタを口にしがちな女性も結構多いですよね。
ですが女性の下ネタは、正直印象はマイナスにしかならない場合が多いんです。
親しみやすさを抱かれるよりも、「女性なのに……」とドン引きされることが多いもの。

女性は男性が話す下ネタを恥ずかしそうに聞いているのが一番可愛いものです。
そこへノリノリで話に乗ってきたら、正直「この子を本命にするのはナシだな」と思われる可能性は高まります。

----------

いかがでしたか?

普段の何気ないセリフでも、思いがけず自分の印象をネガティブなものにしてしまうことはあります。
恋愛のチャンスを無下にしないためにも、普段のセリフには気をつけたいところですね。

(恋愛jp編集部)