ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今週からいよいよ東京開催が開幕します。

 以前にも触れたことがありますが、東京開催となると、やはり胸踊るものがあります。そもそも日本の首都ということもあって、東京競馬場はまさに日本の”顔”とも言えるコースで、GIレースがもっとも多く開催されます。競馬場のスケールが大きく、収容人数も他の競馬場と比べて圧倒的に多いです。ゆえに、騎手や厩舎、そして馬主さんや生産者など、競馬関係者にとっても、特別な開催となります。

 その東京開催の開幕週の重賞は、GIフェブラリーS(東京・ダート1600m)の前哨戦として確立されているGIII根岸S(1月27日/東京・ダート1400m)です。

 とはいえ、マイル戦のフェブラリーSとは異なり、根岸Sは1400m戦。スタート地点も、マイル戦は芝ですが、1400m戦はダートとなります。加えて、そのスタート地点から3コーナーまでの距離も違うため、前哨戦と本番では、ポジション争いや展開がかなり違ってくると思います。

 そうした点を考慮すると、根岸Sの結果がそのまま本番のフェブラリーSに直結するとは思えないところもあるのですが、昨年は勝ち馬ノンコノユメが本番も快勝し、一昨年は1着カフジテイクが本番で3着、2着ベストウォーリアが同2着に入線。3年前も勝ったモーニンが本番でも勝利を飾るなど、近年は本番での好走馬を次々に出しており、以前よりも注目度の高いレースとなっています。

 これは、ダート界も”スピード優先”になりつつあるということなのでしょう。すなわち、1400m戦でもスピード負けしない、ということが本番でも大きな強みになっていると考えられます。

 ならば、今年の根岸Sを占う際には、本番のフェブラリーS(2月17日)を意識して考えてみる必要がありそうですね。

 そうなると、まずは必然的にサンライズノヴァ(牡5歳)に目がいきます。昨年の2着馬で、本番でも4着と好走しました。ただ本番は、上位3頭とは水をあけられての4着でした。この時点では、まだGIを勝つまでには至っていなかったのでしょう。

 しかしその後、オープン特別で連続2着になったあと、続くオープン特別のアハルテケS(2018年6月9日/東京・ダート1600m)を快勝すると、そこから快進撃が始まって、3連勝でGIII武蔵野S(11月10日/東京・ダート1600m)を制しました。

 その勢いに乗って、GIチャンピオンズC(12月2日/中京・ダート1800m)にも挑みましたが、中京・ダート1800mは外からの追い込みが利き難いコース。大外へ出しての追い込みを真骨頂とする同馬にとっては、最も合わないコースと言えるかもしれません。結果、6着に終わりましたが、そうした条件を鑑(かんが)みれば、好走の部類だったと思いますよ。

 今回は、そのチャンピオンズC以来のレースとなりますが、東京開催のここに合わせて調整してきていることは間違いありません。そうは言っても、本番へ駒を進めるために賞金加算(2着以内)が絶対条件だった昨年とは違って、今年の最大照準はほぼ出走可能なこの先の大一番=GIに合わせている可能性があります。根岸Sにおいては、その点だけが気になるポイントになりますね。

 このサンライズノヴァと人気を分けそうなのは、前走でGIIIカペラS(12月9日/中山・ダート1200m)を制して、ここに臨んでくるコパノキッキング(せん4歳)でしょうか。

 同馬はここまで8戦6勝ですが、その勝ち鞍はすべて1200m以下のレース。1400m戦では2戦2敗のため、その戦績から、距離適性に不安を感じている方も多いと思います。

 しかし、その1400m戦の2レースは、ともに芝スタートとなる阪神・ダート1400mでした。個人的には、この点も影響していたと思っています。

 キャリア2戦目(2着)でこのコースに臨んだ際は、好スタートを切って芝の上でもスピードに乗れたのですが、ややスピードに乗りすぎて、オーバーペース気味に行きすぎてしまった感がありました。

 もうひとレースは、4走前の1600万下・大阪スポーツ杯(4着。9月22日)。このときは、逆に出負けした感じのスタートとなり、それを挽回しようとして前半に脚を使ってしまい、それが終(しま)いの伸びに影響していたように思います。

 そして、前走のカペラS。同レースの舞台となる中山・ダート1200mも芝スタートで、やはり同馬は出負け気味にゲートを出ていく形になりました。しかしそのときは、鞍上の柴田大知騎手が腹をくくって、焦らずに後方につけました。これが、最後の強烈な決め手へとつながったわけですが、この競馬ができたことは大きな収穫だったと言えるでしょう。

 今回は、ダートスタート。そして、3コーナーまでの距離がそれほど長くないため、比較的テンが速くなりやすいコースです。決め手勝負になりやすい、中山のダート1200mと通ずるところが意外とあるんですよね。

 実際、中山・ダート1200mと東京・ダート1400mと、両方で好走している馬が結構います。この根岸Sでも、かつて1月に開催されていた中山・ダート1200mを舞台とするガーネットSからの臨戦馬や、このカペラSの上位入線馬による好走がよく見られました。

 そうした過去の傾向を踏まえれば、コパノキッキングがここで好走しても不思議ではありません。

 サンライズノヴァとコパノキッキングは、ここで好走すれば、本番のフェブラリーSでも有力馬の一角になり得ます。何にしても、この2頭からは目が離せません。

 さて、今年は異色の存在が2頭出走します。地方競馬の南関東から中央競馬へ転厩してきたクロスケ(牡4歳)と、その南関東所属のまま参戦するキタサンミカヅキ(牡9歳)ですが、この2頭を今回の「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。

 クロスケは、昨年の南関東クラシック戦線で上位争いを演じた1頭です。羽田盃(大井・ダート1800m)で5着、東京ダービー(大井・ダート2000m)では3着と健闘しました。

 さらに、地方交流重賞のGIジャパンダートダービー(大井・ダート2000m)でも、7着と奮闘。勝ったルヴァンスレーヴ(昨年末のGIチャンピオンズC覇者)から1秒、2着オメガパフューム(年末の地方交流GI東京大賞典で優勝)からはコンマ7秒、そして5着テーオーエナジー(現在ダートのオープン特別を2連勝中)からは、わずかコンマ5秒差でした。

 これら上位メンバーからは、一枚力は落ちるとしても、ここなら上位を賑わすような走りができると思います。


根岸Sでの大駆けが期待されるキタサンミカヅキ

 片や、キタサンミカヅキは前走カペラS(3着)に続く中央参戦。そのカペラSを見る限り、以前よりも好位置を取れるようになっていました。そうした状況にあって、距離が延びる今回のほうが、かえって脚を溜められそうですし、直線の長い東京のほうが、より高いパフォーマンスを発揮できるのではないでしょうか。

 鞍上は、主戦の森泰斗騎手。昨年は285勝を挙げて、ぶっちぎりで南関東リーディングを獲得した、南関東のトップジョッキーです。この週中にも、交流重賞で好騎乗を見せて、伏兵を勝利に導いています。今、とにかく乗れている印象がありますから、ますます一発への期待が膨らみます。

 斤量58kgというのは楽ではありませんが、この馬自身は背負い慣れていますから、それほど心配はいらないでしょう。いい位置を取れるようになった今のキタサンミカヅキにとって、今回は絶好の舞台です。 南関東の馬で、この斤量、さらに9歳馬と高齢ゆえ、人気はなさそうですが、侮れない1頭だと思います。