「日本人?あぁトッテナムにいるね」 チリ代表監督の“分析”が話題に

写真拡大

『Ahora Noticias』は、「チリ代表監督のレイナルド・ルエダ氏は、ソン・フンミンを日本人選手と間違えた」と報じた。

24日に行われたコパ・アメリカ2019の組み合わせ抽選会で、日本代表はウルグアイ、エクアドル、チリと同じグループCに入ることが決定した。

この結果を受けてチリ代表監督を務めるルエダ氏は以下のように話し、日本代表の選手がトッテナムにいると答えたという。

レイナルド・ルエダ

「重要なことは、いいレベルに到達することだ。我々はアジアの日本、ここ南米のウルグアイを知っている。エクアドルについてもだ。とても競争力があるグループだ。

全てのグループが均衡していて、難しいものだ。とにかく戦ってみなければいけない」

(日本については?)

「日本の選手は何名か知っているよ。一人はトッテナムにいる。我々はその全員を分析している」

全員を分析しているはずなのに…。

メディアは、おそらくソン・フンミン(韓国代表)と間違えたのだろうと伝えている。しかしチリ代表は昨年9月に韓国と親善試合を行ったばかり。その分析の精度はいかほどであろうか。