シャネル・ネクサス・ホールの展覧会「ピエール セルネ & 春画」写真作品と葛飾北斎らの春画を展示

写真拡大

シャネル(CHANEL)は、ピエール セルネの写真作品と春画を紹介する展覧会「ピエール セルネ & 春画」を、東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールにて開催する。前期が2019年3月13日(水)から3月27日(水)まで、後期が3月29日(金)から4月7日(日)まで。なお4月13日(土)から5月12日(日)まで開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019」にも巡回する。

「ピエール セルネ & 春画」のメイン展示となるのは、フランス人パフォーマンスアーティストであり写真家のピエール セルネによる写真作品「Synonyms(類似表現)」シリーズ。文化的、民族的に異なる背景を持つ、個人あるいはカップルのヌードを被写体に、抽象的なモノクロのシルエットによる表現を試みた作品だ。

各作品のタイトルには被写体の名前がつけられており、鑑賞者はそれを通してのみ、彼/彼女の性別や国籍、文化的背景を推測することができる。

ピエール セルネの作品と並べて展示されるのは、浦上蒼穹堂の代表である浦上満コレクションの春画だ。用意されるのは、鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎らの作品。大胆な構図や色彩が印象派の画家たちやパブロ・ピカソにも大きな影響を与えたとされる江戸時代の浮世絵を展開する。

人間の普遍的な生を表現したピエール セルネの写真作品と春画を比較することで、フランスと日本、現代と江戸という、国や時代を越えたコントラストを感じることができるだろう。

【詳細】
「ピエール セルネ & 春画」
会期:前期2019年3月13日(水)〜3月27日(水)、後期3月29日(金)〜4月7日(日)
※3月28日(木)は展示替えのため休館
時間:12:00〜19:30
会場:シャネル・ネクサス・ホール(東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)
入場料:無料

※2019年4月13日(土)〜5月12日(日)の「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」に巡回。


[写真付きで読む]シャネル・ネクサス・ホールの展覧会「ピエール セルネ & 春画」写真作品と葛飾北斎らの春画を展示

外部サイト

  • 「ART in PARK HOTEL TOKYO」汐留で、客室がギャラリーに!80年代アートがテーマ
  • 六本木ヒルズで「新・北斎展」冨嶽三十六景などの国内外名品や初公開作品、“真の北斎”に迫る
  • 東京国立近代美術館「福沢一郎展」シュルレアリスムの日本先駆者、戦前〜戦後の社会を諷刺した約100点