GI高松宮記念(3月24日/中京・芝1200m)の前哨戦のひとつ、GIIIシルクロードS(京都・芝1200m)が1月27日に行なわれる。

 同レースはスプリント界の「出世レース」とも言われ、昨年の覇者ファインニードルがその後にスプリントGIの春秋連覇を達成。2014年の勝ち馬ストレイトガールもそれ以降にGI3勝を挙げて、GI通算6勝を挙げた”絶対王者”ロードカナロアもここを勝って一気にスターダムにのし上がった。

 その一方で、過去10年の1番人気の成績を見てみると、2勝、2着1回、3着0回、着外7回と、かなりの苦戦を強いられている。そのため、3連複でも過去10年のうち7回が万馬券となっていて、3連単は過去10年すべてが万馬券。しかも、毎年4万円以上の好配当となっており、波乱傾向が強いレースだ。

 そして今年は、「ファインニードルが引退してなおのこと、この高松宮記念の前哨戦は『混戦模様にある』と言っていいでしょう」と語るのは、スポーツ報知の坂本達洋記者。昨秋のGIスプリンターズS(2018年9月30日/中山・芝1200m)で、ファインニードルの2着だったラブカンプー(牝4歳)が出走してくるものの、当時の勢力図のままでは「収まらないでしょう」とも分析している。

「ラブカンプーは、とにかく堅実で崩れていません。とはいえ、スプリンターズSは、逃げるワンスインナムーンを見る形で、内でロスなく運んで2着。同じく3、4番手でスムーズに運んだラインスピリット(牡8歳)が3着と、展開がハマッた面も大きいと思います。あの前残りの展開で、1頭だけ差してきたファインニードルは別格だったわけで、その他に抜けた馬がいないというのが、スプリント路線の現状でしょう」

 また、日刊スポーツの太田尚樹記者は、そのスプリンターズSの上位馬で、今回人気が予想される面々の、仕上がり自体に疑問の目を向ける。

「スプリンターズSで2着、4着に好走したラブカンプーとダイメイプリンセス(牝6歳)は、ともに森田直行厩舎の管理馬ですが、今回は2頭とも休み明け。陣営としては、2頭に対して慎重な構えを見せています。

 それに、この冬の京都の芝は時計がかかっていて、差しが決まる傾向にあります。2週前に行なわれたリステッド競走(※オープン競走の中でグレード競走に次ぐ重要な競走)のオープン特別・淀短距離S(1月14日/京都・芝1200m)も、勝ち時計は1分9秒1という遅い決着。(前を行く)スピード一辺倒の馬には厳しい条件にあると思います。とすれば、伏兵陣にも付け入る隙があるのではないでしょうか」

 そこで、太田記者が注目するのは、アンヴァル(牝4歳)だ。


初の重賞制覇を目指すアンヴァル

「前走は、先に触れた淀短距離Sで頭差の2着でした。先行馬総崩れのハイペースになり、結果的に2番手から積極的にレースを進めたことが裏目に出てしまいましたが、それでも2着に踏ん張れたのは高く評価できると思います」

 ただし、そのアンヴァル、これまでに京都・芝1200m戦では2勝、2着1回、3着0回、着外2回という成績を残しているが、新設重賞の葵S(2018年5月26日)を含めて重賞の2戦はともに着外(4着以下)。この点について、太田記者はどう見ているのだろうか。

「2走前のGIII京阪杯(2018年11月25日)4着は、イン有利の馬場で17番枠が響いたもの。3歳春の葵Sも前に行った2頭で決着し、やや時計勝負といった感のあるレースでした。1分6秒台の決着となった昨夏のGIII北九州記念で大敗(10着)したように、時計勝負には分が悪い印象があります。

 しかし、以前に不良馬場での勝利実績があるように、パワーがあって、今の京都の馬場は合うと思います。さらに、アンヴァルを管理する藤岡健一調教師が『(レースの)間隔が詰まっているのは問題ない。結果も出ている』と言うとおり、今回と同じ中1週で臨んだレースでは2戦2勝。各路線で旋風を巻き起こしている”強い明け4歳世代”の1角として、ここでも勝ち負けを演じられるはずです」

 坂本記者も「差し、追い込み馬の台頭が狙い目」として、まずは古豪のティーハーフ(牡9歳)を穴馬候補に挙げる。

「実績面からハンデ57kgと見込まれましたが、斤量59kgを背負った前走の淀短距離Sでも3着と好走。明け9歳馬ながら、まだまだノーマークにはできない存在です。

 直線が平坦なコースを得意とし、京都コースでも再三好走を見せています。加えて、力を要する今の京都の芝も合うでしょう。休み明けを叩いて、中1週でもフレッシュな状態にあり、決め手の生きる流れになれば、一発も期待できると思います」

 坂本記者はもう1頭、フミノムーン(牡7歳)にも注目しているという。

「昨年のレースでは、15番人気で3着と激走。今年はそのときよりも斤量が1kg軽くなっていますし、終(しま)い勝負に徹してハマれば……というタイプで、今回の舞台と条件が向きそうです。 昨年のこのレースを最後に馬券圏内(3着以内)から遠ざかっていますが、1秒以上の大きな負けはなく、最後は確実に詰めてきます。勝ち切るまではわかりませんが、抜けた馬がいないここなら、上位に食い込んでもおかしくないと思いますよ」

 真冬の淀で開催されるスプリント重賞。瞬間的な猛吹雪を起こして、”大穴”を開ける馬がここに挙げた3頭の中にいても不思議ではない。