“VAR悲喜”日本、南野「ルールはルール」

写真拡大

[1.24 アジア杯準々決勝 日本1-0ベトナム ドバイ]

 MF南野拓実は「ルールはルールなので、これからもその中でやっていきたい」と振り返った。

 準々決勝から取り入れられたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)がいきなり効果を発揮した。前半24分のDF吉田麻也のゴールがハンドと判定されて取り消されると、後半12分には逆にMF堂安律が倒された場面がPK判定に覆り、日本代表が1-0で勝利した。

 前半24分の場面について南野は「ゴールかなと思いましたし、ハンドが見えていなかった」と振り返る。ただ後半12分には逆に日本代表がVARで笑ったことで、「VARのおかげで僕たちにPKの判定があった。救われた部分もありました」と話した。

 準決勝に勝ち上がったことで、これまでの累積警告がリセットとなる。オマーン戦でイエローカードを貰っていた南野にとっては朗報だ。「絶対に優勝して日本に帰りたい。次もタフな試合になると思いますけど、チーム一丸となって戦いたい」。アジアの頂まではあと2つ。