日本代表、今度はVARでPK獲得! 倒された堂安が決めて先制に成功

写真拡大

 AFCアジアカップUAE2019 準々決勝で日本代表とベトナム代表が対戦。57分に堂安律のPKで日本が先制に成功した。
 
 堂安がエリア内で倒されたシーン、一度はプレー続行となったがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってPKの判定に。このPKを堂安自ら決めた。日本は24分に吉田麻也がゴールネットを揺らすも、VARの結果ハンドで得点が取り消されていた。