堂安がベトナム陣内にドリブルで切り込んでいく。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 アジアカップの準々決勝、日本代表対ベトナム代表は1月24日、UAEのアル・マクトゥーム・スタジアムにおいて17時(日本時間22時)のキックオフで行なわれている。

 日本は決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦から、FW武藤嘉紀に代えて北川航也を起用。スタメンの入れ替えは北川の1名だけとなった。

 試合は、ともに前線からアグレッシブに仕掛けていく一進一退の攻防となった。10分過ぎ、日本はボールを支配して敵陣に押し込むが、ベトナムの5バックの守備網を崩し切ることができない。逆に中盤でボールを奪われると、相手の10番グエン・コン・フォンに思い切りのいいミドルを撃ち込まれるなど押し返される展開に。

 しかし24分、日本はCKのチャンスを得ると、柴崎岳のキックに吉田麻也が頭で合わせ、ネットを揺らす。日本が先制に成功したかに思われた。だが、いったんはゴールを認めた主審だが、この準々決勝から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって吉田のハンドが認められ、ノーゴールに。日本の先制点は取り消されてしまった。

 日本は30分、やはりCKから柴崎、堂安律のパス交換から相手の守備陣形を崩し、柴崎がクロスを入れると、冨安健洋が頭で合わせ、決定的なヘディングシュートを放つ。しかし、これは相手GKの好守に阻まれた。

 前半終了間際には堂安のラストパスに反応した南野拓実が至近距離から決定機を迎えるが、シュートはまたも相手GKの好セーブに阻まれた。

 結局、前半は0-0で終了した。

【日本代表PHOTO】アジア杯4強を懸けたベトナム戦! スコアレスで後半へ…