【週末に雪】西日本の高速道路は通行止めの恐れ

2019/01/24 14:51 ウェザーニュース

26日(土)27日(日)は、今季一番の寒気が流れ込む影響で、日本海側に加えて西日本や東日本の太平洋側でも雪が降る可能性があります。高速道路や新幹線、飛行機など各交通機関に影響が出る恐れがあるため、お出かけを予定されている場合は注意が必要です。1月24日(木)15時点での影響予測をお伝えします。

【高速道路】26日(土)は新名神でも冬装備必須

26日(土)朝から27日(日)にかけて、新名神や中国道など西日本の高速道路の多くの区間で路面積雪となったり、一部で見通しが悪くなる可能性があります。そのため、26日(土)の夜を中心に、通行止めなど大きな影響が出る恐れがあります。最新の交通情報を随時確認していただくとともに、冬装備を万全にして安全運転で走行ください。

【新幹線】26日(土)は東海道新幹線で遅延の可能性

強い寒気の流入によって雪となり、東海道新幹線では26日(土)夜に遅延などの影響が出る可能性があります。また、九州の一部の在来線でも雪による影響が懸念されます。最新の交通情報を随時確認ください。

【飛行機】日本海側で欠航または条件付き運航の可能性

降雪による視界不良や除雪作業の影響で、北陸や山陰など日本海側の空港を中心に、欠航または条件付き運航となる可能性があります。ご利用の際は、最新の運航情報をご確認ください。