スバルの男性社員が叱責を苦に投身自殺 上司トラブルで労災認定

ざっくり言うと

  • スバルの男性社員が2016年12月、上司の厳しい叱責などを苦に投身自殺をした
  • 24日、群馬・太田労働基準監督署が男性の自殺を労災認定していたことが判明
  • 弁護士を通じて、男性の長女は「心の傷は一生消えない」とコメントを寄せた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング