静岡県を流れる1級河川の安倍川が雨不足で干上がり、河口から5.5キロ上流まで川底がむき出しになっている。管理する国土交通省によると、ここまで干上がったのは観測史上初めてという。

安倍川を生活用水として利用している住民は、「(これ以上)水がなくなると困る」と心配する。静岡名産のワサビ栽培には大量の水が必要だが、川の水量が減ると畑の土が凍り、品質低下の恐れがあるという。鮎も遡上できない。

しばらくまとまった雨なし

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「(冬の太平洋側は雨は少ないが)ここまで降らないのは珍しいですよね」

高木美保(タレント)「伏流水まで減っているとなると大変です」

静岡市の週間天気予報では、この先も降水確率10〜20%の日が続き、まとまった雨はしばらく期待できないそうだ。