新聞離れに歯止めがかからない(写真はイメージ)J-CASTニュース

「ジャーナリズムの死」1年間で222万部減…新聞に消滅の危機

ざっくり言うと

  • 権力の暴走をチェックするジャーナリズムを、日本では新聞が支えてきた
  • しかし、2018年の新聞発行部数は2017年に比べて222万6613部も減少
  • 14年連続の減少で歯止めがかかる様子もなく、消滅の危機だと筆者は指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x