ベトナムは両翼の機動力が最大の武器。酒井(左)&長友の熟練SBコンビがいかに彼らの自由を奪うかが、ゲームのひとつの肝となる。(C)AFC

写真拡大

 UAEで開催されているアジアカップ2019は、1月24日と25日の両日に準々決勝が行なわれる。いよいよ覇権争いも佳境を迎え、日本代表は今夜、ベスト4進出を賭けてベトナムとの決戦に臨む。

 この大一番を展望しているのが、世界的なネットワーク『Fox Sports Asia』の東南アジア担当であるアクシャット・メーリック記者だ。「ベトナムは戦術に長けるパク・ハンソ監督の下で躊躇わず守備的な5バックを敷いてくるだろう。かたや日本は4-2-3-1と4-4-2を併用してきたが、今回は全体のバランスを考えて前者を採用してくるはずだ」と予想し、以下のように展開を予想している。

「過去4度の優勝を誇る日本の最大の武器は、ずばり経験だ。世界で活躍する選手を数多く擁しており、いかなる苦境にあっても慌てふためくことがない。勝利のカギを握るのはユウト・ナガトモ(長友佑都)とヒロキ・サカイ(酒井宏樹)の両サイドバック。ベトナムの堅守速攻はふたりのウイングバックの出来不出来に懸かっているが、欧州で研鑽を積んできた日本の熟練コンビが攻守両面でサイドを制圧すれば、ベトナムは手も足も出せなくなる」

 そして、日本に慢心はいっさいないとも断言する。

「日本が勝利を掴むという意見が大半を占めているが、かといって彼らがしたたかなベトナムの実力を軽んじるとは思えない。日本は常に用心深く、警戒を怠らないチームである。だからこそ彼らは、長きに渡ってアジアの巨人として君臨してこれたのだ」

 
 それでも、東南アジア勢唯一の生き残りであるベトナムへの期待は大きいようで、「日本は間違いなく強いが、わたしは120分間を戦って1-1のままPK戦に突入すると予想したい」と、最後は希望的観測を交えて展望を締めくくった。

 たしかに下馬評は日本が断然有利だが、若きベトナムには勢いがある。U-23の大会でほぼ消化試合だったとはいえ、昨夏のアジア大会では日本を1-0で撃破してもいる。パク・ハンソ監督を筆頭に、苦手意識やコンプレックスは抱いていないはずだ。

 日本の経験と組織力に対して、ベトナムはパワーとスピードで挑む。注目の大一番は日本時間の本日22時キックオフだ。