フランス海軍の空母「シャルル・ド・ゴール」(フランス海軍提供)

写真拡大

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は22日、日本が英仏との軍事協力拡大に動いていることについて、朝鮮半島情勢の流れに逆行するものであると非難する論評を配信した。

(参考記事:北朝鮮「空母化いずもは悪夢を呼ぶ怪物」 金正恩氏、興味津々か

論評は「われわれの『問題』を口実にしてさらに本格化される日本反動層の海外軍事共助の動きは、他国まで引き入れて朝鮮半島情勢をなんとしても悪化させて自分らの再侵略野望の実現と軍国主義復活を促進させようとする腹黒い下心の発露である」と主張。

また英仏に対しても「朝鮮半島の肯定的な情勢発展に逆行するのではなく、それを促すのが世界の平和と安全保障を使命とする国連安保理常任理事国としての責任を全うする道である」と指摘した。