左から時計回りに早乙女太一、松山ケンイチ、堺雅人、クレイビジュアル、ガロビジュアル、リオビジュアル ©TRIGGER・中島かずき/XFLAG

写真拡大

5月公開のオリジナルアニメーション映画『プロメア』の声優陣が発表された。

【動画と画像を見る(2枚)】

『プロメア』は、『天元突破グレンラガン』『キルラキル』などを手掛けた今石洋之監督と、脚本家の中島かずきがタッグを組んだ初の劇場長編作品。突然変異で誕生した炎を操る人種「バーニッシュ」が引き起こした世界大炎上の30年後を舞台に、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の新人隊員・ガロと、バーニッシュの攻撃的な面々「マッドバーニッシュ」のリーダー・リオの戦いを描く。

今回発表された声の出演者は、ガロ役の松山ケンイチ、リオ役の早乙女太一、ガロの上司クレイ役の堺雅人に加えて、佐倉綾音、吉野裕行、稲田徹、新谷真弓、小山力也、小清水亜美、楠大典、檜山修之、小西克幸。

早乙女とダブル主演となる松山は「僕もガロに負けないくらい、思いっきり熱く、そして楽しく演じさせて頂きました。この熱き男たちのド迫力のアクション、人間ドラマを映画館で是非とも体験してください!」、早乙女は「映画も冒頭から熱さ全開の作品となってます。自分も完成が待ち遠しいです!5月の公開をぜひ楽しみにしていてください!」、堺は「私の演じたプロメポリスの司政官、クレイはガロたち<バーニングレスキュー>の後ろ盾をする男です。ただ、、、これ以上はまだ言えません(笑)」とそれぞれコメント。

また中島は「松山さん、早乙女さん、堺さんは僕が脚本を書いている<劇団☆新感線>の独特のリズム等を理解してくれている方たちなのでまさに第一希望が通った!という感じです(笑)。完成が本当に楽しみです」、今石監督は「今回のキャスティングは本当にはまりました。松山さんの熱い演技は圧巻でしたし、早乙女さんは第一声で、まさにリオ!でした。堺さんもさすがのセリフ回しでアフレコ現場も非常に楽しかったです。またTRIGGER作品お馴染みのキャストさん達にも注目してください!」と述べている。

今回の発表とあわせて第2弾PVと新ビジュアルも公開。第2弾PVのカットダウン版は1月25日から全国の劇場で上映される。

■松山ケンイチのコメント
僕が演じたガロという青年は消防隊<バーニングレスキュー>の隊員で、とんでもなく熱い男です。僕もガロに負けないくらい、思いっきり熱く、そして楽しく演じさせて頂きました。この熱き男たちのド迫力のアクション、人間ドラマを映画館で是非とも体験してください!

■早乙女太一のコメント
炎を操る人種<マッドバーニッシュ>のリーダー、リオはクールな中にも熱い魂を宿した男です。映画も冒頭から熱さ全開の作品となってます。
自分も完成が待ち遠しいです! 5月の公開をぜひ楽しみにしていてください!

■堺雅人のコメント
私の演じたプロメポリスの司政官、クレイはガロたち<バーニングレスキュー>の後ろ盾をする男です。ただ、、、これ以上はまだ言えません(笑)。是非ともスクリーンでご覧頂ければと思います。5月の公開をお楽しみに!

■今石洋之監督のコメント
今回のキャスティングは本当にはまりました。松山さんの熱い演技は圧巻でしたし、早乙女さんは第一声で、まさにリオ!でした。堺さんもさすがのセリフ回しでアフレコ現場も非常に楽しかったです。またTRIGGER作品お馴染みのキャストさん達にも注目してください!

■中島かずきのコメント
松山さん、早乙女さん、堺さんは僕が脚本を書いている<劇団☆新感線>の独特のリズム等を理解してくれている方たちなのでまさに第一希望が通った!という感じです(笑)。松山さんは元々「グレンラガン」等を観ていて「大好きだ!」と話してくれていたので僕も嬉しいです! 完成が本当に楽しみです。