シンガポール発のティラミス専門店「ティラミスヒーロー」の商標を、日本のティラミステイクアウト専門店「HERO'S」運営会社が登録していた問題が加熱している。「HERO'S」は1月22日、商標の使用権を、「ティラミスヒーロー」の日本法人に譲渡すると発表したが、「ティラミスヒーロー」は商標のトラブルを巡り、既に「ティラミススター」に名称変更した。

ティラミススターのインスタアカウントは1月16日、

「現在事情により日本での名称を『ティラミススター』に変更しております。でも私達のオリジナルのティラミスは変わりません。そして、もちろん!シンガポール本店は何も変わっていないので、是非遊びに来てくださいね」

と呼びかけていた。この投稿には、応援のコメントが多数寄せられている。

「今までと同じシンガポール生まれのティラミスを届けられるよう頑張っている」


コメントは約80件付いていて、そのほとんどが、今回の騒動を受けて書かれたものと見られる。

「同じ日本人として恥ずかしいし、情けないです。他社も何社か同じように乗っ取られてるようですね。御社の商品大好きです 応援してます!負けないで!」
「本家のティラミス、今度是非食べさせていただきます!応援しています!!!」
「ニュース見てビックリしました!!まさか日本でこんなエグいパクリがあるなんて本当に恥ずかしい 私の大好きなティラミスヒーローはシンガポールが唯一無二です!!」

20日にオープンした「HERO'S」の店舗付近を通り「がらがらだった」という報告や、「向こうには行かない」と宣言する人、「北海道にも催事をお願いします!」と、出店を望むコメントなどが多く付いていた。

ティラミススターを運営する日本支社の広報担当者に取材したところ、今回の騒動について「取材は全て断っている」としながらも、

「シンガポールのほうとも連携を取りながら進めています。私共としては、今までと同じシンガポール生まれのティラミスをお届けできる努力を、ティラミススターとして頑張っているところです」

とコメントしていた。