「想像以上の守備量」も堂安律が語った強気な手応え…「こういう勝ち方もできる」

写真拡大

 AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦が21日に行われ、日本代表は冨安健洋の代表初ゴールでサウジアラビア代表に1−0の勝利を収めた。

 試合後、右サイドで先発した堂安律は、「前半から守備の時間が多くて、今日は守備で走るなと感じていた。ただ、想像以上の守備の量でしたね」と試合を振り返った。

 日本は試合序盤からサウジアラビアにポゼッションを許し、受けに回る展開が続いた。冨安のゴールで先制してからも状況は変わらず、堂安も守備に追われる展開となった。なんとか1点を守り切り、準々決勝進出を果たしたが、攻撃陣は不発に終わる結果となった。それでも、堂安は試合展開を予期していたこと、さらに“勝ち方”についても手応えを口にした。

「ある程度ミーティングでもそういう話はしていましたけど、もう少し僕たちが(ボールを)持つ時間が多くても良かったと思います。もちろんそこは改善点ですけど、『日本がこういう勝ち方もできる』ということを示すには良かった」

 次は中2日を空けて、ベトナムとの準々決勝に挑む。堂安も来る一戦へ向けて、「もう少し僕たちがやろうとしているサッカーをしないといけないし、今日の結果に満足せず、しっかり改善したいです」と改善点を交えながら意気込んだ。