守備陣の奮戦を讃えた森保監督は、したたかなゲーム運びにも一定の評価を与えた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 最後まで粘り強く戦った選手たちに森保一監督も賛辞を送った。
 
 1月21日、日本はアジアカップの決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦。攻め込まれる苦しい展開となったが、20分に右CKから冨安健洋が代表初ゴールとなる先制点を頭で決めた。その後も攻勢を受けるなか、日本は身体を張った守備で応戦。最後まで集中力を切らさず、準々決勝に駒を進めた。
 
 森保監督はフラッシュインタビューで試合を振り返り、「本当にタフで厳しい戦いになることは覚悟していましたが、想像以上に我慢強く戦わないといけないなかで、最後まで頭も足も止めずに粘り強く戦ってくれた」と選手たちを労った。
 
 それもそのはずだ。サウジアラビア戦は相手に自分たちの倍以上もシュートを放たれ、何度も肝を冷やした。12分には吉田麻也が顔面ブロックで決定機を防ぎ、後半も終盤に吉田、長友佑都が身体を投げ出して連続でピンチを救っている。指揮官が守備陣の奮戦を手放しで讃えるのも当然だろう。
 
 また、森保監督はこうした流れを選手たち自身で見極め、したたかに試合を進めた点も称賛した。「我々ももっと攻撃を仕掛けたかったですが、サウジアラビアは攻撃力のあるチームだと分かっていました」と語り、「先制した展開で押し込まれながらも、カウンターを狙う作業を試合の流れでよくやってくれた」とした。
 
 過去3度の優勝を果たしているサウジアラビアを撃破し、ベスト8入りを果たした日本。森保監督は「また次の試合でも勝って、応援してくださる方に勝利を届けられるようにしたい」と、中2日で24日に迎えるベトナム戦に向けて最善の準備をすると誓った。

【日本代表PHOTO】日本1-0サウジアラビア|アジア杯決勝T1回戦、負けたら終わりの一発勝負! 冨安の大会最年少ゴールで日本がベスト8進出