日本代表を率いる森保一監督

写真拡大

[1.21 アジア杯決勝T1回戦 日本1-0サウジアラビア シャルジャ]

 苦しみながらもベスト8進出を決めた。21日に行われたアジアカップ決勝トーナメント1回戦サウジアラビア戦を1-0で制した日本代表の森保一監督は、試合後のインタビューで「本当にタフで厳しい戦いになることを覚悟していたが、想像以上に我慢強く戦わなければいけないところを選手たちは本当に最後まで頭も足も止めずに粘り強く戦い抜いてくれた」と振り返った。

 F組を首位で通過した日本はE組2位のサウジアラビアと対戦。前半20分にMF柴崎岳のCKをDF冨安健洋がヘディングで叩き込み、先制に成功する。その後はサウジアラビアに押し込まれる時間帯が続き、特に後半は自陣に釘付けとなる展開になったが、体を張った粘り強い守備で同点ゴールを許さず。終盤には波状攻撃を受けながらもDF吉田麻也、DF長友佑都が体を投げ出してブロックするなど、逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。

「我々ももっと攻撃を仕掛けたかったけど、サウジアラビアが攻撃力のあるチームと分かっていたし、先制した展開の中で押し込まれて我慢しながらカウンターを狙っていくことは試合の流れとして選手たちは良くやってくれたと思う」

 決勝トーナメント1回戦を突破した日本は、24日の準々決勝でベトナムと対戦。指揮官は「中2日で最善の準備をして次の試合も勝って、応援して下さる方々に勝利を届けられるようにしたい」と意気込みを示した。