優勝候補同士の総力戦を制した森保ジャパン。武藤(13番)は終盤まで前線で精力的に動き回った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 かろうじて虎の子の1点を守り切った。

 現地時間1月21日、アジアカップ2019のラウンド・オブ16がUAE・シャルジャで行なわれ、日本代表がサウジアラビアを1-0で撃破。立ち上がりから敵のボール支配を許しながらも、森保ジャパンは堅固な守備ブロックを築いて好機を与えない。すると20分だった。左CKを得た日本は柴崎岳が鋭いボールを送り、中央で待ち構えた冨安健洋がドンピシャヘッドで合わせて先制。その後も相手を上手くいなしては効果的なカウンターを繰り出し、1点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半も流れは変わらず、日本はソリッドな守備をベースに敵の攻撃を受け止め、セカンドボールを確実に拾っては速攻を仕掛けた。だが半ば以降は酷暑の影響で守備の連動性が低下し、サウジに猛攻を仕掛けられたが……相手のラストパス精度と決定力の欠如に助けられた。

 この大一番を速報ページで伝えたのが、世界的ネットワーク『Fox Sports Asia』電子版だ。「日本が1点勝負の強豪国対決を制し、8強進出!」と銘打ち、以下のようにレポートした。

「試合はキックオフ直後から、サウジアラビアが日本のディフェンス網の外側でボールを回す時間が長く続いたが、先制点をものの見事に奪ったのは日本だった。ガク・シバサキのコーナーに頭で合わせたのはタケヒロ・トミヤス! 彼はこの絶好機を逃がさず、まさに一撃必殺のヘッダーをねじ込んでみせたのだ」

 
 一方でサウジの戦いぶりについては、「35分にハタン・バヘブリの放ったミドルが前半唯一のチャンスとなったが、それも枠を捉えられない。ファイナルサードでのアイデア不足が顕著で日本のペースにハマるばかりだった」と酷評。「後半はプレー強度を高めてリスタートやミドルからチャンスを掴んだものの、今度はパスやシュートに質が伴わなかった」と記した。そして「終盤の日本は疲労困憊となって押し込まれるシーンが頻発したが、執念のディフェンスで身体を張り続け、見事に勝ち切った」と称えている。

 苦しみながらもサウジを下した日本は、1月24日の準々決勝でベトナムと対戦する。

【日本代表PHOTO】日本1-0サウジアラビア|アジア杯決勝T1回戦、負けたら終わりの一発勝負! 冨安の大会最年少ゴールで日本がベスト8進出