「我々も攻撃を仕掛けたかったけど…」…苦しい展開も耐え抜いて準々決勝へ

写真拡大

 21日、AFCアジアカップUAE2019・決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表がサウジアラビア代表と対戦した。試合は20分、柴崎岳のコーナーキックに冨安健洋がヘディングで合わせて日本が先制。その後は終始、サウジアラビアにボールを保持されるもチーム一丸で守り切り、1−0で勝利を収めた。

 試合後、インタビューに応じた森保一監督は、「タフで厳しい戦いになることは覚悟していましたけど、想像以上に我慢強く戦わなければならないところを、選手たちが最後まで頭も足も止めずに戦い抜いてくれたと思います」と振り返った。

 序盤から押し込まれる展開が続いたことに関しては、「もちろん我々も攻撃を仕掛けたかったですけど、サウジアラビアが攻撃力のあるチームだということは分かっていましたし、先制した展開で押し込まれて、我慢しながらカウンターを狙っていくという流れの中で、選手たちがよくやってくれたと思います」と語った。

 勝利した日本は中2日で準々決勝のベトナム戦に挑む。最後に森保一監督は、「中2日で最善の準備をして、次の勝利して、応援してくださる方々に勝利を届けたいです」と意気込んだ。