青山敏弘の負傷離脱が決定…アジア杯で8強進出の日本代表に痛手

写真拡大

 21日、日本代表からMF青山敏弘が離脱すると発表された。

 青山は17日に行われたAFCアジアカップUAE2019・ウズベキスタン代表戦でキャプテンマークを巻き、先発フル出場を果たしたが、右ひざの違和感により19日の練習から別メニュー調整が続いていた。今後は所属するサンフレッチェ広島がキャンプを行うタイへと渡り、クラブのメディカルスタッフが状態をチェックする予定となっている。

 決勝トーナメント1回戦でサウジアラビア代表と対戦した日本は1−0で勝利を収め、準々決勝に進出。24日(木)22時にベトナム代表と対戦する。