宮根誠司がプチ整形/綾瀬はるか、振袖でモチをつく<今週の見逃しニュース>

写真拡大

 16日、横綱・稀勢の里(32)が引退を表明しました。取組前の花道で、緊張をほぐそうとすればするほど、顔がこわばっていく姿が印象的でした。

 では、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

◆^柔イ呂襪、餅職人絶賛の高速餅つき披露 自己採点は「90点」
デイリースポーツ 1/16(水)ほか
 16日、綾瀬はるか(33)がコカ・コーラのPRイベントに出席し、振袖姿で餅つきに挑戦しました。

 ふだんは天然&おっとりキャラの綾瀬さんですが、杵つきのスピードはプロも驚くほどだったそう。綾瀬さんも、「よく、まあまあできたのでは。90点ぐらい。スピードアップし過ぎちゃいましたからね」と満足げに語っていました。

 どこまでもマイペースな綾瀬さんと餅つきをするときには、こねる人が相当神経をすり減らすことになるかも!?

◆河野景子さん、澤穂希さんの甘えたがる夫に「イチャイチャは続かない」
スポーツ報知 1/13(日)ほか
 13日放送の『行列のできる法律相談所3時間SP』(日テレ系)に、元なでしこジャパンの澤穂希(40)が出演し、夫の辻上裕章氏(42)の甘えん坊っぷりを語っていました。

 どんなときでも澤さんにかまってもらいたがるという辻上さん。すると、ゲスト出演していた元貴乃花親方(46)の元妻、河野景子(54)から説得力十分の一言が。

「昔はイチャイチャがありましたけど、それはずっと続かないと思う」

 かつて元恋人の宮沢りえ(45)に対して、「愛情がなくなった」と切り捨てた元貴乃花親方。そんな男性と23年間も暮らした河野さんの、なんともヘビーなコメントでした。

◆5收邯博、「切符の買い方わからない」サラリーマンに向いてない出演者に挙げられる
ORICON NEWS 1/16(水)ほか
 16日、及川光博(49)が映画『七つの会議』の完成報告記者会見に出席し、福澤克雄監督(54)から“サラリーマンに向いていない人”と名指しされる一幕がありました。

 共演の香川照之(53)からも「電車乗れるの?」とツッコまれた及川さんが、「切符の買い方がわからない」と白状したのです。

 そういえば、元妻の檀れい(47)もひとりで電車に乗れなさそうなイメージかも。

◆ぬ鄲室平、2019年も「野村は野村らしく野村を貫きとおす」
ORICON NEWS 1/15(火)ほか

 19日放送スタートのドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレ朝系)に出演する野村周平(25)、桜井日奈子(21)、宮沢氷魚(24)などの俳優陣が書き初めを披露し、今年の抱負を語りました。

 注目を集めたのは、半紙いっぱいに「野村」と書いた野村さん。そのこころは、「今年も野村は野村らしく野村を貫きとおしていこうという意味を込めて」だそうです。

 ということで、共演の皆さんも悩み事などがあったら、“それ野村に聞いてみよう”。

◆サ楮誠司キャスター、唐突に自身の「プチ整形」告白
スポーツ報知 1/16(水)ほか

 年明け早々から、ネットが騒然となった宮根誠司(55)の“顔の変化”。ツイッターなどでもリアルタイムで「顔が変」とつぶやく人が多数いました。

 こうした反応を受けてか、ついに宮根さん本人から15日放送の『ミヤネ屋』(日テレ系)でリアクションがありました。加齢のせいで左目が下がってきてしまったので、プチ整形を受けたと告白したのです。

 とりあえず、病気や糖質制限ダイエットの影響でなくて、ひと安心ですね。

<文/沢渡風太>