©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした人「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

©テレビ朝日

1月21日(月)に放送される同番組では、野村周平と高橋真麻をゲストに迎え、「高円寺を歩いていたらいきなり謎の外国人集団に囲まれ、超高級ブランド・バレンシアガのモデルに採用されてパリコレデビューしちゃった人」と「高知県で“会うと幸せになる”という都市伝説になっている人」を紹介する。

フランスの超有名ブランド・バレンシアガのモデルとしてパリコレデビューを果たしてしまった“プラズマさん”。

普段は洋服の通信販売をする会社に勤め、伝票処理や服の梱包などの仕事をする一般的な社会人だったプラズマさんが、なぜ世界中のモデルたちが憧れるパリコレの舞台に立つことになったのか?

ラッパーに憧れた高校時代から、小さな田舎町を出てアパレル会社に勤めながらパンクバンドでラッパーとして活動した時期、そしてバンドの写真集発売イベントのために高円寺にやってきたプラズマさんが、バレンシアガのキャスティング担当の外国人3人組に声をかけられるまでを時系列で追っていく。

まさかの理由でバレンシアガのモデルとしてスカウトされてしまったプラズマさんの運命は…!?

©テレビ朝日

そしてもうひとりの激レアさんは、高知県で「会うと幸せになる」という都市伝説になっている“ナオコさん”。

奇抜な格好で高知県の繁華街に出没しているナオコさんは、いったいなぜそんな格好をしているのか。そしてなぜその格好で街を歩いているのか――その理由はナオコさんの超激レアな人生に隠されていた。

18歳のときに突然祖母から宣告を受けたある事実。それをきっかけに大きく変わっていくナオコさんの数奇な人生が明らかになる。