20日、中京競馬場で行われた11R・東海ステークス(G2・4歳上オープン・ダ1800m)で1番人気、武豊騎乗、インティ(牡5・栗東・野中賢二)が快勝した。2馬身差の2着に2番人気のチュウワウィザード(牡4・栗東・大久保龍志・担当装蹄師/西内荘)、3着にスマハマ(牡4・栗東・高橋亮)が入った。勝ちタイムは1:49.8(良)。

【菜の花賞】コントラチェックが逃げ切りで2勝目

6連勝でつけた着差は32馬身

これまでつけた着差は7.4.4.10.5馬身。合わせて30馬身の圧勝で勝ち上がってきたインティが、圧倒的人気に応えてここも楽々突破した。スタートから先手を奪うと、武豊騎手の手綱に導かれてマイペースを刻んだ。勝負どころでもまだまだ余裕はあり、直線では追いすがるチュウワウィザードの追い込みも虚しく、2馬身差、3着馬は更に7馬身離して楽々と逃げ切り勝ちを決めた。ダート界の新星はどこまで連勝を伸ばすのか、今後も期待が高まる。

インティ 7戦6勝
(牡5・栗東・野中賢二)
父:ケイムホーム
母:キティ
母父:Northern Afleet
馬主:武田茂男
生産者:山下恭茂

【全着順】
1着 インティ
2着 チュウワウィザード
3着 スマハマ
4着 コスモカナディアン
5着 アスカノロマン
6着 アングライフェン
7着 カゼノコ
8着 グレンツェント
9着 シャイニービーム
10着 メイショウスミトモ
11着 マイネルバサラ
12着 アンジュデジール
13着 モルトベーネ

※主催者発表のものと照らし合わせください