「恋愛観察バラエティ」として話題になってから数年。放送メディアをCS、動画配信サービスと変え、きょうもラブワゴンは走っているのかなあと思っていたら、戻ってきた。ネット配信では11話まで進んでいるというアジアンジャーニー・シーズン2が、満を持して地上波放送です。

男4人と女3人がひとつ屋根ならぬ、ひとつワゴンでアジア各地を恋探しをしながら貧乏旅行して、告白にOKならカップルで帰国、ごめんなさいなら一人で帰国、そののちメンバー補充される。これを繰り返し、異国で真実の愛をみつけるお見合い旅というわけです。

ナビゲーターはベッキー、いとうあさこ、夏菜。意地悪すぎず、かまとと過ぎず、適度なぶっちゃけ加減が女子会に呼びたい組み合わせで、このあたりのキャスティングは「わかってるなあ」と感心させられる。

歯に衣着せぬ女子に男子タジタジ

今回のメンバーは、シーズン1からの居残りメンバーの中国クォーターの好青年トムと彼氏がいたことのないピュア女子ユウちゃん、まさかの出戻りのでっぱりん。そこに加わったのが、とにかく怒らないおだやか男子のみゃんまー、医師のDr.モリモリ、素朴さが際立つ勇ちゃんだ。女子はシンガーソングライター志望の黒髪美少女モア。

でっぱりんの登場で沸きに沸く。歯に衣着せず何でも言う。自分を「中の下」と評価し、明るくファニーで盛り上げる。しかし、束縛やまめな連絡が嫌いで、ともすれば自己中心的にも見えるふるまいが、集団生活では危うい。

物語はまだ序盤も序盤ということで、互いに恋愛経験の少ないユウちゃんと勇ちゃんの初々しい会話に焦点が当たったところで、この第1話はフィニッシュ。

しゃしゃりがちのでっぱりんと、控えめ泣き虫ユウちゃんの間に入るモアの活躍も気になるし、全体的にでっぱりんの勢いに押されがちだった男性陣の奮起にも期待したい。(金曜深夜0時55分)

ばんふぅ