19日、中山競馬場で行われた9R・若竹賞(3歳500万下・芝1800m)で1番人気、F.ミナリク騎乗、ヒシイグアス(牡3・美浦・堀宣行)が快勝した。クビ差の2着にフォークテイル(牝3・美浦・中川公成)、3着に2番人気のグラディーヴァ(牝3・栗東・角居勝彦)が入った。勝ちタイムは1:50.4(良)。

【AJCC】フィエールマン ルメール「コンディションの心配はありません」

デビュー戦ではラストドラフトの2着

ヒシイグアスが断然の支持に応えて2勝目のゴールを決めた。内から先手を主張し、ハナを奪うとスローペースに落として楽にレースを進めた。直線でも全く脚色衰えることなく、鋭く迫ったフォークテイルの追撃を凌いで見事に逃げ切った。デビュー戦では先週の京成杯を制したラストドラフトの2着。ここでは結果的に力が上位だった。

ヒシイグアス 3戦2勝
(牡3・栗東・堀宣行)
父:ハーツクライ
母:ラリズ
母父:Bernstein
馬主:阿部雅英
生産者:ノーザンファーム