中距離戦線のGIタイトルを狙う馬たちの年明け初戦として定着している、GIIアメリカジョッキークラブC(AJCC。1月20日/中山・芝2200m)。過去には、スペシャルウィーク、マツリダゴッホ、トーセンジョーダン、ルーラーシップらが、ここをステップにして古馬GI戦線での活躍につなげていった。

 ということは、今後を期待される強豪馬たちの始動戦。堅い決着が多いレースかと思われたが、過去の成績を振り返ってみると、意外とそうでないことがわかる。

 過去10年の1番人気の戦績は、2勝、2着2回、3着0回、着外6回と、かなり期待を裏切っている。しかも、前述したルーラーシップが2012年に勝って以降、1番人気は目下6連敗中。この中には単勝1.3倍という断然の支持を得ていたゴールドシップ(2015年、7着)も含まれており、GI馬とはいえ、絶対視はできないレースでもあるのだ。

 今年のメンバーを見渡すと、圧倒的な1番人気が予想されるのは、昨年デビュー4戦目でGI菊花賞(2018年10月21日/京都・芝3000m)を制したフィエールマン(牡4歳)。先週のGII日経新春杯でも明け4歳馬のグローリーヴェイズが勝利しており、ここでもフィエールマンが「ハイレベル」と評判の明け4歳馬の強さを、あらためて証明しそうなムードにある。


一番人気が予想されるフィエールマンにひと泡吹かせる馬はいるのか

 しかし、日刊スポーツの木南友輔記者は、今回の舞台に臨むフィエールマンには疑問の目を向ける。

「フィエールマンの過去4戦の中で、そのパフォーマンスがもっとも微妙に思えたのが、2戦目の500万特別・山藤賞(2018年4月14日/中山・芝1800m)でした。レース自体は勝っており、後続との着差も2馬身半差をつけていて、僅差だった新馬戦(2018年1月28日/東京・芝1800m)や菊花賞よりも完勝だったわけですが、現地で見ていて、その2戦よりもインパクトに欠けるレースでした。

 当時は同馬を管理する手塚貴久調教師も、新馬戦のときより『状態は下』とはっきり言っていたので、それが理由かもしれません。でも、あのときのレースを見た感覚を思い出すと、もしかすると”中山が得意ではないのかも”……そんな想像もできてしまうんですよね」

 だからといって、フィエールマンにひと泡吹かせるような馬がいるのだろうか。木南記者は、「”ここぞ”とばかりに出てくる”中山巧者”ががんばりそうです」と言う。

 中山での重賞勝ち馬を挙げれば、ジェネラーレウーノ(牡4歳)をはじめ、ダンビュライト(牡5歳)、シャケトラ(牡6歳)と3頭いるが、木南記者が推すのは別の馬だった。

「まず面白いのは、ミライヘノツバサ(牡6歳)です。この馬は重賞勝ちこそありませんが、冬の中山でとにかく走る。芝の内回り、外回りは問わず、何より最後の坂の粘りが特筆ものなんです。

 脚部不安で4歳春から5歳秋まで、およそ1年半休養。今回が復帰3戦目になりますが、先に登録していた先週の日経新春杯を見送って、こちらに参戦してきました。もちろん、最初から両にらみだったわけですが、よりチャンスのあるほうを選んだ格好です」

 ミライヘノツバサは、全4勝がすべて中山コース。中山では10戦して4勝、2着2回、3着2回、着外2回と、まさしく”中山巧者”と言える。馬券圏外(4着以下)となったのは、強豪がそろったGI皐月賞(12着。2016年4月17日/中山・芝2000m)と、長期休養明け初戦となった昨年のGIIオールカマー(10着。9月23日/中山・芝2200m)だけ。それゆえ、デイリースポーツの大西修平記者も同馬に注目している。

「約1年半の休み明けとなった前々走のオールカマーでは10着と、まだ本来の走りにはほど遠かったのですが、叩き2戦目の前走・アンドロメダS(2018年11月17日/京都・芝2000m)では、直線半ばまで粘って見せ場十分の6着。序盤の行きっぷりにも良化が見られ、復活の兆しは示したように思います。

 その後、しっかりと疲れをとってから、美浦の坂路を中心に乗り込んでおり、長期休養明けとなった近3走では一番と言える状態でしょう。一昨年のこのレースでも、序盤から先行した馬がみな失速していくなかで、同馬だけが最後まで粘りを見せて3着。自分のリズムで運べるようなら、ペースは問わないタイプで、今回はきっちり上位争いに絡んでくるでしょう」

 大西記者はもう1頭、関西から挑むベテラン馬を推奨する。

「ステイインシアトル(牡8歳)です。前走のGIII新潟大賞典(2018年5月6日/新潟・芝2000m)では、勝ち馬からコンマ1秒差の2着。10カ月近い休み明けだったことを思えば、文句の付けようのない内容でしょう。

 先行力のある脚質が魅力で、本来は広い新潟の外回りよりも、直線が短いコースのほうが合うはず。中山は初めてですが、似たような条件の、直線に坂のある阪神・内回りでの好走歴があり、持ち味を発揮するうえでは支障はないと見ています。休養期間も前走より短いだけに、力は十分に出せるでしょう。

 さらに、前走ではハンデ57kgを背負っていましたが、別定戦の今回は1kg減となる斤量56kgで出走。明け8歳馬ながらキャリアはわずか12戦と、使い減りしていない分、馬もまだ若く、ここでも上位争いが期待できると思っています」

 一方、木南記者ももう1頭、気になる馬の名前を挙げた。

「メートルダール(牡6歳)です。中山で走った回数こそ多くありませんが、2歳時の葉牡丹賞、3歳時の京成杯で披露した素晴らしい追い込みは、間違いなく”中山巧者”のそれ。ここで一発あっても驚きません。

 前走のGIII中日新聞杯(2018年12月8日/中京・芝2000m)では5着に敗れたものの、最大ハンデ(57kg)を背負って、勝負どころの仕掛けで後手を踏んでしまった格好。2走前のGIII新潟記念(2着。9月2日/新潟・芝2000m)では、ブラストワンピースには先着を許しましたが、そこでも斤量差(3kg)がありました。

 今回は斤量差のない別定戦。GI馬のフィエールマンが1kg重い斤量を背負うことを考えても、ここで強い明け4歳世代へのリベンジを果たしたいところでしょう。また、鞍上がオイシン・マーフィー騎手というのも最高に魅力。大駆けに期待したいです」

 メートルダールを管理するのは、先週の京成杯を制したラストドラフトを送り出している戸田博文厩舎。好調・厩舎の勢いは、決して侮ってはいけない。 何はともあれ、フィエールマンが取りこぼすようなことがあれば、波乱は必至。同馬に代わって、年明けにビッグな配当をもたらしてくれる馬が、ここに挙げた3頭の中にきっといる。