GIフェブラリーS(2月17日/東京・ダート1600m)の前哨戦となるGII東海S(中京・ダート1800m)が1月20日に行なわれる。

 2013年より、現在の開催時期、開催条件となった同レース。その過去6回の成績を振り返ってみると、1番人気が4勝、3着2回と断然の強さを誇っている。

 また、その6年間で牝馬の勝利はなく、馬券圏内(3着以内)にも一度も入っていない。さらに馬齢に注目すると、5歳馬が3勝。馬券圏内にも毎年、5歳馬が必ず1頭は絡んできている。

 こうした状況にあって、今年は1番人気が濃厚で、出走予定馬の中で唯一の5歳牡馬となるインティが”鉄板”ムード。現在5連勝中で、前走も1600万条件とはいえ、後続に5馬身差をつける圧勝劇を演じている。この勢いと、東海Sの好走条件を満たしていることを考えれば、インティがここで6連勝を飾って重賞初制覇を遂げる可能性がかなり高い。

 とはいえ、馬券的な妙味が薄れることはない。というのも、過去のレースでも1番人気が勝っても、2、3着に人気薄が飛び込んできて、何度も好配当が生まれているからだ。

 たとえば、1番人気のグレンツェントが勝った2017年は、2着に12番人気のモルトベーネ、3着に10番人気のメイショウウタゲが入線。馬連が1万2560円の万馬券となり、3連単も46万5440円という高配当をつけた。

 そして昨年も、単勝1.3倍という断然人気のテイエムジンソクが勝利しながらも、2着に13番人気のコスモカナディアンが入って、馬連4260円、3連単4万9170円という好配当となった。

 ならば、今年も2、3着に人気薄が突っ込んでくることを期待して、好配当を狙いたい。そこで、過去6年の傾向を参考にして、今年のレースで激走を見せてくれそうな穴馬を探し出してみたい。

 過去に波乱を起こした馬を見てみると、狙ってみたいパターンが1つある。それは、前年の東海Sで2着となった馬である。

 先述のモルトベーネは、2017年で2着に入ったあと、2018年にも3着(6番人気)となって、このレースとの相性のよさを見せた。また、2014年に3番人気で2着となったグランドシチーは、翌2105年も9番人気と評価を下げながらも、再び2着に入って好配当をもたらしている。

 このことから、今年もシンプルに前年の2着馬を狙ってみるのはどうか。コスモカナディアン(牡6歳)である。


コスモカナディアンが昨年に続いて再び波乱を起こすか

 先にも触れたとおり、昨年も人気薄で2着に飛び込んできた同馬。その奮闘以降は、9戦もこなしながら、パッとした成績を残せていない。東海Sでの激走は完全にフロック視されて、今年も低評価にとどまることは間違いないだろう。

 だが、ダート重賞やオープン特別をコンスタントに使われてきているのは強み。勝ち星こそないものの、掲示板には5度載っていて、重賞でも差のないレースを見せたことがある。前走のオープン特別・ベテルギウスS(2018年12月28日/阪神・ダート1800m)でも、勝ち馬からコンマ2秒差の4着と好勝負を演じた。

 力は一枚劣るかもしれないが、調子自体は悪くないと考えられ、相性のいい舞台に戻れば、波乱にひと役買っても不思議ではない。前年2着の再現を期待したい。

 続いて、過去6年の3着以内に入った馬の前走を調べてみると、GIチャンピオンズC(中京・ダート1800m)と並んで、オープン特別の師走S(中山・ダート1800m)からの参戦馬が4頭と最多タイになっている(※チャンピオンズCの前身となるジャパンカップダートを含めると、同路線からは計6頭が参戦)。

 同じ条件のGIから挑んでくる馬は、その結果にかかわらず、有力視されやすく、人気になりやすい。一方で、師走Sはオープン特別ゆえ、メンバーレベルはGIよりも明らかに劣る。条件も違うため、そこで相当いい結果を出さない限り、人気にはなりにくい。

 にもかかわらず、師走S組はチャンピオンズC組に匹敵する成績を残している。であれば、よりオイシイ配当が見込める師走S組を狙わない手はない。

 今年は、アングライフェン(牡7歳)、メイショウスミトモ(牡8歳)の2頭が前走・師走Sからの出走。そのうち、メイショウスミトモは12着と大敗を喫しており、さすがに手を出しづらい。

 ここでは、師走Sで掲示板を確保した5着アングライフェンを推したい。

 アングライフェンは、芝、ダートを問わず、オープン特別で常に安定した走りを見せている。昨年は、芝のレースを2回走って4着、6着。ダート戦は5回走って2着、5着、7着、2着、5着。この堅実さを武器にして、大駆けを果たしてもおかしくない。

 最後に注目したいのは、ダートのオープン特別や重賞で度々掲示板に載るなど、安定感に秀でた馬だ。

 先述したグランドシチーは、9番人気で2着になった2015年の際も、それ以前の地方交流を含めた重賞やオープン特別のレースで奮闘。馬券に絡むことはなかったが、掲示板に載るような健闘を何度か見せていた。

 昨年、13番人気で2着になったコスモカナディアンも同様だ。直前の師走Sこそ12着と大敗していたが、2走前のオープン特別で4着、3走前のGIII戦でも4着と善戦していた。

 結局、堅実な走りを見せていても、勝ち負けに絡んでいなければ、なかなか人気は上がらない。しかし、幾度となく掲示板に載る走りを見せているということは、一定の力を秘めている証拠。極めて状態がよかったり、レースで展開が向いたり、ちょっとした紛れがあったりすれば、上位進出を狙えるのだ。

 こうしたタイプとして、今回狙ってみたいのが、カゼノコ(牡8歳)である。

 2014年の3歳時に地方交流GIのジャパンダートダービー(大井・ダート2000m)を制している実力馬だ。しかし、その後は勝ち星がなく、ここでも人気は望めないが、GI奪取以降もコンスタントにダートの重賞、オープン特別のレースに出走。その間、掲示板に載るような走りを再三見せてきている。

 重賞で掲示板に載ったのは、一昨年(2017年)の東海Sが最後。その年の秋から長期休養に入って昨年は4走しかできなかったが、後半2戦ではダートのオープン特別で5着、6着。少しずつ良化してきた印象があり、さらにもうひとつ調子が上向けば、大仕事をやってくれるのではないだろうか。 1番人気が強いものの、ヒモ荒れが多い東海S。今年も人気のインティがその強さを発揮しそうだが、”ヒモ穴馬”として台頭しそうな馬はたくさんいる。ここに挙げた3頭も、その候補にふさわしい存在だ。