同点弾をアシストした室屋成「自分たちで負けるわけにはいかなかった」

写真拡大

 日本代表は17日、AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第3節でウズベキスタン代表と対戦し、2−1で逆転勝利を収めた。

 同点弾となった武藤嘉紀のゴールをアシストした室屋成は試合後、「サイドのところで何回も仕掛けようと思っていた。失点した直後だったのですぐに同点にできて良かった」と喜びを口にした。

 自身のパフォーマンスについては、「守備の部分でやらせなかった。チームとうまく連携しながら最後まで失点しなかったところは良かった」と振り返った。

 第2戦から先発10名を入れ替えてウズベキスタン戦に臨んだことには、「チームで合わない部分もあった」とコメントしつつ、勝利したことが自信につながることを強調した。

「ミスのあとの切り替えだったりとかは、みんなでやろうと話していた。最後まで苦しい試合でしたけど、みんなで一致団結してやった結果が勝利につながった。自分たちで負けるわけにはいかなかった。ここで勝てたのは自信にもなりますし、チームとしても大事な勝利だった」

 日本代表は次戦、21日にサウジアラビアかカタールのいずれかと対戦する。