結核とは「結核菌」という細菌が直接の原因となって起こる病気で、結核菌が起こす「おでき」のようなものと考えていいのではないか、と専門家は言う。

 最初は炎症から始まる。肺なら肺炎のような病気で、肺の表面近くに病巣ができれば、胸膜炎となる。結核菌は肺に巣食うことが多いとされるが、人体のいろいろなところ(臓器)にも病気を起こすと言われる。

 東京在住の会社員男性(52)は昨秋、咳が止まらず、近くの医院を受診した。胸部X線と血液検査を受けた結果、肺炎の疑いがあると言われた。しかし、医院で紹介された先の病院で再検査したところ、病名は「結核」と診断され、即日入院することに。

「何で俺が」と理不尽に思ったが、感染経路は不明だった。数日たつと不安に襲われた。「職場の仲間や知人に感染させてしまったのではないか」。

 入院は約1カ月間続いたが、それより2カ月前から体調がすぐれなかった。だるく、多量の寝汗もかいた。
朝には痰も出た。いつもと違うと感じたりもしたが、夏の暑さや喫煙のせいだと思っていたので、まさかそれが結核とは思いもしなかった。

 この男性は入院期間中、毎日、粉薬と11錠の錠剤を飲み、他人に感染させる恐れがなくなった時点で退院した。
「結核は過去の病と思っていた。発見がさらに遅れ、誰かに感染させていたらと思うと恐ろしかった」
 と、後に振り返った。

 東京労災病院内科呼吸器担当・戸島豊博医師はこう語る。
「肺炎で初期の炎症が進むと、やがて“化膿”に似た組織が死んで腐ったような状態になります。この状態の時期が肺結核ではかなり長く続き、レントゲンなどに写る影の大半がこの状態の病巣です。その後、死んだ組織がドロドロに溶けて、気管支を通して肺の外に排出されると、そこは穴の開いた状態になります。これが空洞です。空洞の中は空気も栄養も十分ありますので、結核菌には絶好の棲み処になり、菌はどんどん繁殖します。空洞を持った結核患者が“感染源”になりやすいのはこのためです」

 そして、さらにこう説明する。
「こうした病巣から、菌が肺の他の臓器に結核の出店を作ることもあり、結核は肺全体、全身に広がっていきます。そして、最後には肺の組織が破壊されて呼吸困難になるとか、他の臓器の機能が冒されるとかして命の危機を招くことになります。とにかく結核は、全身の様々なところに病気を作るのが特徴です。侵食される臓器としてリンパ節が最も多く、とくに多いのが首の脇が腫れるもので、昔は“るいれき”と呼ばれていました。背骨に出来る“脊椎カリエス”、次に腎臓(腎結核)が多く、場所柄から膀胱などを巻き込むこともよくあるのです」

 結核は厚生労働省によると、国内の’17年の新規患者数は1万6789人。人口10万人当たりの新規患者数(罹患率)は13・3で前年より0.6㌽減ったが、約2300人が死亡しており、今でも日本の重大な感染症だ。罹患率も米国の約5倍、英・仏国の2倍弱にのぼる。

 新規患者は、前述した男性のように受診が遅れる場合がある。昨年の新規肺結核患者で症状がある人のうち、症状が出てから受診まで2カ月以上かかった人は20・8%もいた。’02年以降で最高の数字となっている。

★高齢者の発病が目立つ

 結核は1950年まで日本の死因の第1位だった。60年代半ばから約15年間は新規患者が年10%ずつ減ったが、その後、減少率が鈍り、年3〜4%程度が続いている。

 この中で目立つのが高齢者の発病だ。’17年の新規患者を世代別でみると80代が3割弱で最多、90代は増加傾向。結核患者が多かった時代に感染し、長い潜伏期間を経て、加齢により抵抗力が落ちることによって発病するとみられている。