江戸庶民の草花への愛を200点の浮世絵で紹介 - たばこと塩の博物館で開催

写真拡大

江戸時代、庶民が愛した草花を紹介する「江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー」展が、東京・たばこと塩の博物館で開催される。期間は2019年1月31日(木)から3月10日(日)まで。

江戸時代、庶民は草花を愛した

たばこと塩の博物館がある墨田区には墨堤、小村井の梅屋敷、亀戸天神…と今なお存在する花の名所がある。しかし、江戸時代には現代よりも、より多くの花の名所があったという。それは人々にとっての娯楽。そして江戸中期となる18世紀の中ばには、植木鉢が普及し、草花は人々にとってより身近に楽しめるものとなった。四季折々の花を楽しんだのだ。

このような背景のもと、草花、そして草花を楽しむ人々がは浮世絵の画題になることが多かった。

江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー

「江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー」では、1.花見から鉢植へ、2.身の回りの園芸、3.見に行く花々、4.役者と園芸という4つの構成により、江戸の人々の草花への愛、そして園芸熱を、約200点の浮世絵を通して紹介する。

花見から鉢植へ

プロローグとなる企画。草花を見に行くところから、植木鉢により植物を手元に置くスタイルが普及。家に庭がない人々も園芸を楽んだ。

身の回りの園芸

鉢植により園芸が身近なものとなり、多くの浮世絵で表現された。鉢植を身近に置いて愛でる様子を描いた浮世絵を紹介。

見に行く花々

花の名所、お花見に出かける人などの浮世絵を紹介。19世紀には園芸の見世物が話題となるなどした時期もあり、その様子も紹介。

役者と園芸

歌舞伎役者の中には園芸を趣味とする人もおり、尾上菊五郎(三代目)などは様々な植物を育てたという。もちろん、歌舞伎の舞台でも植木売りという役柄が登場した。

概要 - 江戸の園芸熱ー浮世絵に見る庶民の草花愛ー

会期:2019年1月31日(木)〜3月10日(日)
・前期:1月31日(木)〜2月17日(日)
・後期:2月19日(火)〜3月10日(日)
場所:たばこと塩の博物館 2階特別展示室
住所:東京都墨田区横川 1-16-3
TEL: 03-3622-8801


[写真付きで読む]江戸庶民の草花への愛を200点の浮世絵で紹介 - たばこと塩の博物館で開催

外部サイト

  • 六本木ヒルズで「新・北斎展」冨嶽三十六景などの国内外名品や初公開作品、“真の北斎”に迫る
  • 東京国立博物館で「博物館に初もうで」19年干支“イノシシ”題材の作品群&国宝「松林図屏風」も公開
  • 企画展「大江戸グルメと北斎」すみだ北斎美術館で、浮世絵から知る"江戸の食" - 再現メニューも