©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴に、マツコ・デラックスと有吉弘行が独自の視点で話していくトークバラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

1月16日(水)の放送では、25歳の会社員から「歌を聴いて泣いたことはありますか?」という投稿が寄せられる。

©テレビ朝日

歌詞に共感はするけど、涙は出たことがないという投稿者。歌手本人が歌いながら感極まり泣くのは理解できるが、それを見て泣いている人は本当に感動しているのか?といつも疑問に思うそう。

この意見に対して、歌を聴いて泣いたことがあるという有吉&マツコのふたり。マツコはかつて、電車の窓際で歌を聴いて号泣したときの様子を語る。

つづけてマツコは、中島みゆきの『タクシードライバー』を聴いて「スゴい泣いたことがある」とも明かす。

さらに、有吉は過酷なヒッチハイク旅の極限状態で、顔も知らないアーティストの歌を聴いたときに身体に“ある変化”を感じたという。その変化とは一体?