「これはきのう(2019年1月15日)の韓国・ソウル市内の映像です。曇ったように見えますが、霧ではなく、PM2.5(微小粒子状物質)なんです。異常事態となっています」とキャスターの山崎夕貴が伝える。

韓国当局によると、きのう朝、ソウル市内のPM2.5濃度は1立方メートルあたり157マイクログラムと、観測史上最悪の水準となった。日本の環境省が不要な外出を控えるよう呼び掛ける基準の、約2倍の数値だ。

メディアも注意呼びかけ「外出控えて」

地元メディアのリポーターも、「出勤中バスから降りた市民たちは、急いでマスクを着用しています。高齢者や体の不自由な人は外出を控えてください」と注意を呼び掛けている。ドラッグストアではマスクが例年の3倍以上、家電量販店では空気清浄機が4倍以上売れている。

観光にも影響が出ている。屋台の店主は「観光客があまり来ないので、売り上げが半分に減っています」とぼやく。岐阜県から来たという若い女性は、「電車を降りたとき、鼻が痛くて、咳がすごく出ました」と話す。

日本への飛来は大丈夫か?

その原因をめぐり、韓国と中国の対立が始まっているようだ。

司会の小倉智昭「(ということは)中国が原因ということですか」

キャスターの伊藤利尋「韓国側は中国からスモッグが徐々に流入したためと見られるとしていますが、中国側はソウルの汚染物質は主に現地で排出されたものと反論しています。まあ、2つが相まって、というのが真相のようです」

風向きなどから、日本には影響はないといわれている。