元AKB48の次世代エース候補だった西野未姫/(C)AbemaTV

写真拡大

1月14日に「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaSPECIAL)の最新回が放送され、元AKB48の西野未姫が悪口の全てに「いいね」を押す理由を明かす場面があった。

【写真を見る】身振り手振りが大きくいつも一生懸命話す西野未姫/(C)AbemaTV

14日の放送では、美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”にお笑い芸人の紺野ぶるま、“自称ブス”メンバーとしてにゃんこスター・アンゴラ村長、そして西野が登場した。

テーマ「かまってほしいブス」では、自分がかまってほしい時にしてしまう“ブス行動”について語っていく。

すると、アンゴラ村長は「3助さんが、夜中に出掛けて全然帰って来ない時に、電話をすごいかけちゃいます。結局30回くらいかけちゃったりします」と告白。

これに矢作兼が「芸人だから芸人の付き合いとか、気持ちは分かるじゃん?」と、コンビで活動するアンゴラ村長に聞くと、「女遊びをする怪しい芸人仲間と、遅い時間にご飯を食べたところから、“大人の街に消えて行く間とかだったらどうしよう!?”と思うと、“止めなきゃ!”と思って30回くらいかけちゃったりしますね。

例えば、3助さんが誰かをお持ち帰りとかして話題になっても、面白くなる自信がない。笑いをとれる腕がない気がする」と答え、スタジオに笑いが起こった。

元AKB48の西野も「私はオンエアが流れた時に、必ずエゴサ(ーチ)しながら見るんです。エゴサすると、『おまえが喋ると腹が立つ』とか『朝から子供が泣いた』とか、めちゃくちゃ書かれるんですけど、でも私、全部“いいね”します。

最初は『そんなに言う!?』って落ち込んだ時もあったんですけど、逆に『言ってくれてるの、ありがとう!』っていう気持ちになってきて。

そして全部に“いいね”を押すようになったら、“いいね”された人が、『いいねきた! めっちゃいいやつじゃん』ってなるんです。

『ごめん、さっきの言葉は撤回する』みたいな人がいて。“これはいい!”と思って、“いいね作戦”しています」と告白し、スタジオでは驚きの声が上がった。(ザテレビジョン)