イラスト

写真拡大

 小回りが・・・。先週浦和競馬場でおこなわれた「第62回ニューイヤーカップ(SIII)」。本命に推したヒカリオーソは、まずまずのスタートを切ったものの、直後に前をカットされてしまい3番手に控える。トビが大きいため、コーナー毎に走りにくそうにしており、特にペースが上がる3コーナーでは差を広げられてしまう。4コーナーから直線にかけて加速していき、狭いところを割って伸びてきたものの、外から先に抜け出したトーセンガーネットを捉えられず2着。得意とは言えない条件の中で、これだけの競馬ができたのですから、得意の舞台に替われば見直し必至です。

 さて、今週は「第63回船橋記念(SIII)」が船橋競馬場でおこなわれます。

 本命に推すのは連覇がかかるアピアです。昨年の当レースの勝ち馬で、連覇がかかる本馬ですが、昨年は2着馬に0秒3差を付ける圧倒的な勝利。1000m戦で0秒3差はかなりのもの。その後も習志野きらっとスプリント(SII)を制し、アフター5スター賞(SIII)ではキタサンミカヅキの2着。前走は2着馬に着差こそ0秒2差でしたが、終始折り合いを欠いたにも関わらず、直線では後続を待つ余裕があり、一馬身差まで詰められたところからは詰めさせず1着。着差以上に強い競馬でした。1000m戦は5戦5勝と負けておらず、ここも負けられません。

 相手本線はクルセイズスピリツ。前走はメンバーが揃ったこともありますが、3歳で58kgの斤量と厳しい条件の中で4着と力を見せました。昨年優駿スプリントで(SII)で重賞初制覇を飾っているように、スピード能力の高さは疑いようがありません。今回は2戦1着1回2着1回とパーフェクト連対をしている1000m戦。得意の距離で上位を狙います。

 ▲はドラゴンゲート。

 以下、ウェイトアンドシー、ラッキープリンスまで。

◎(5)アピア
○(2)クルセイズスピリツ
▲(11)ドラゴンゲート
△(4)ウェイトアンドシー
△(8)ラッキープリンス

買い目
【馬単】4点
(5)→(2)(4)(8)(11)
【3連複1頭軸流し】6点
(5)-(2)(4)(8)(11)
【3連単フォーメーション】9点
(5)→(2)(4)(11)→(2)(4)(8)(11)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。