完封勝利に貢献した遠藤航「ゼロで終わらせることができて良かった」

写真拡大

 日本代表は13日、AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第2節でオマーン代表と対戦し、1−0で勝利した。

 試合後インタビューに応じた遠藤航は、「とりあえずは良かったと思います。難しい試合になりましたけど、勝ち点3を積み上げたということが大事だったと思います」と勝利を喜んだ。

 フル出場し、完封勝利に貢献したことには、「そこは僕も意識していたところで、特に前半から相手のカウンターをしっかり防ぐことは意識していたし、できたと思う。1点リードしてからはより失点しないことを考えながらプレーをして。追加点を取れれば理想でしたけど、ゼロで後ろは最低限終わらせることができたので良かったです」と振り返った。

 遠藤は体調不良の影響もあり、初戦を欠場した。「本当にチームに迷惑をかけてしまったので、申し訳ない気持ちはあった。しっかり自分はチームのためにコンディションを作るところと、いつでも出られる準備はしていたので、今日スタメンで使ってもらって、自分の良さをしっかり出すところだけを意識してプレーしました。勝利に貢献できたところは良かったです」と話した。

 日本は原口元気のPK弾で先制したが、追加点を奪うことはできなかった。「今日も前半からチャンスは何個も作れていたので、ああいう形を僕らは目指してどんどん縦につけて、チャンスメイクしていくことは意識していければいいと思います。今日は決めきれなかったですけど、大事なのはああいうチャンスをどんどん作っていくことだと思うので、次の試合、またその次の試合もチャレンジし続けてやっていけば得点は付いてくるかなと思います」と前を向いた。

 日本は17日、グループステージ第3戦でウズベキスタンと対戦する。