オマーンを率いるピム・ファーベーク監督

写真拡大

 13日のアジアカップグループリーグ第2戦で日本代表と対戦するオマーン代表は12日、UAE・アブダビのザイードスポーツシティスタジアムで公式練習を行った。練習前にはピム・ファーベーク監督が公式会見に出席。「日本は優勝候補の一つ。W杯以降、負けなしで来ているし、いい試合をしている。我々にとっては大きなチャレンジだが、ベストを尽くしたい」と意気込んだ。

「日本はアジアでベストチームの一つ。非常に経験があり、6か月前にはW杯でプレーした。その後、新しい若くて才能ある選手をチームに加えている」。かつてJリーグでも大宮、京都の指揮を執ったファーベーク監督は韓国代表、オーストラリア代表の監督などを歴任。日本のことは熟知している。

「最後に日本で監督をしたのは03年で、ずいぶん昔のことだ」。62歳の指揮官はそうかわしたが、韓国の監督として07年のアジアカップ3位決定戦で日本をPK戦で破り、オーストラリア代表監督としても南アフリカW杯最終予選で対戦。日本のホームでは0-0で引き分け、オーストラリアのホームでは2-1で勝っている。U-23モロッコ代表監督として臨んだ12年ロンドン五輪のグループリーグでは日本に0-1で敗れたが、これまで何度となく日本の前に立ちはだかってきた。

 10日の日本代表練習にオマーン代表のスタッフと見られる人物が視察に来ていたという“スパイ疑惑”が日本メディアで報じられたが、会見でこのことを聞かれると、「面白い質問だが、それはリーズ・ユナイテッドとダービー・カウンティのスパイ事件のことですか?」と冗談交じりに笑みを浮かべた。

 イングランド2部チャンピオンシップのリーズを率いるマルセロ・ビエルサ監督が11日のダービー戦前日に相手チームの練習にスタッフを派遣。ビエルサ監督は偵察を認め、英国内で議論を呼んでいるが、ファーベーク監督はこの件を引き合いに出しつつ、「今は2019年だ。すべての情報はどこからでも手に入る。日本の試合はコスタリカ戦もパナマ戦も見た。日本について十分な情報は手にしている。スパイをする必要はない」と“疑惑”を否定した。

 オマーンは9日の初戦でウズベキスタンに1-2で敗れたが、試合内容ではオマーンが押し込む時間のほうが長かった。グループリーグ突破に向けてはあとがない状況だが、「ウズベキスタン戦は結果は出なかったが、いい試合をして大きな自信を得ることができた」のも事実。指揮官は「日本のことをリスペクトしているが、恐れてはいない」と力説した。

(取材・文 西山紘平)