【先週の結果】

先週の的中は以下の通り。

・京都11Rが◎→△→▲で決まり、馬単17,720円、3連複16,270円、3連単112,900円。

【今週の予想】

☆京都1R 3歳未勝利(ダート1800m)

キモンボーイが巻き返す。前走は終始外を回ったこともあり、直線は早めに一杯になってしまい6着に敗れたが、距離を1800mに延長してから一戦毎に前向きさが出てきており、集中して走れるようになってきた。状態は前走よりも上向いており、内目で脚を溜めた前々走のような競馬ができれば、巻き返しがあってもおかしくない。

◎キモンボーイ
○ヒミノブルー
▲グッドヘルスバイオ
△₁メイショウテッペキ
△₂レオビヨンド
△₃ブルベアカーキ

買い目
【馬連】5点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】24点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲△₁→◎→○▲△₁△₂△₃

☆京都10R 新春ステークス(芝1600m)

 ミリッサは、前走勝負どころで前が壁となり、残り250mあたりで一度スペースができたが、骨折休養明けで半年ぶりの実戦だったこともあり、反応が遅く加速までに時間がかかったことで再び進路がなくなり、ほとんど追えずの8着。一度使われたことでグッと状態が上がってきており、前々走直線で不利があったマーメイドSで5着に入った力からも、自己条件なら好勝負必至だろう。

◎ミリッサ
○ロライマ
▲サンラモンバレー
△₁ハナズレジェンド
△₂ドゥーカ
△₃ヴェネト

買い目
【馬単】6点
◎⇔○▲△₁
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】20点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲→◎→○▲△₁△₂△₃

☆京都11R 日経新春杯(GIII)(芝2400m)

 強い明け4歳世代からグローリーヴェイズを狙う。体質が弱く、前走の菊花賞はトライアルを使わず夏競馬からの直行、不利な大外枠と厳しい条件ではあったが、後に有馬記念を勝つブラストワンピースと半馬身差の5着。スタート後はしばらくかかり気味で、4コーナーでは大外を回して最速タイの上がりを使ったのだから力は相当なもの。明け4歳にしてキャリアはまだ6戦と、かなりの伸びしろが期待できる。実際に馬体にはボリュームが出てきており、力を付けてきているのは明らか。ここで初重賞制覇を決めたい。相手本線はこちらも伸び盛りの4歳馬メイショウテッコン。前走はスタートで行き脚が付かず、道中はもまれる位置取りになってしまった。更には折り合いも欠いており、消耗が激しく参考外で良い。マイペースなら3走前のように番手からでも競馬ができる。その3走前は後の菊花賞馬・フィエールマンを破って重賞を制覇しており、巻き返す可能性は十分。▲は成長著しいムイトオブリガード。以下、シュペルミエール、ルックトゥワイス、アフリカンゴールドまで。

◎(2)グローリーヴェイズ
○(12)メイショウテッコン
▲(16)ムイトオブリガード
△(5)シュペルミエール
△(10)ルックトゥワイス
△(4)アフリカンゴールド

買い目
【馬単】6点
(2)→(5)(10)(12)(16)
(12)(16)→(2)
【3連複1頭軸流し】10点
(2)-(4)(5)(10)(12)(16)
【3連単フォーメーション】20点
(2)→(5)(12)(16)→(4)(5)(10)(12)(16)
(12)(16)→(2)→(4)(5)(10)(12)(16)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。