法廷でのゴーン容疑者に「カリスマ」の面影なし 日産元幹部

ざっくり言うと

  • ゴーン被告は会社法違反(特別背任)などで11日に追起訴された
  • 8日の勾留理由開示の法廷では「日産に損害は与えていない」と主張した
  • 自ら襟を正していた「カリスマ経営者」の面影を感じなかったと日産元幹部

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング