ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

「中央競馬の元日」とも言える1月5日、東西で金杯が行なわれて、今年も中央競馬の幕が開きました。

 2週目となる今週は、土曜、日曜、月曜日の3日間開催。そして、それぞれの日に重賞が開催されます。なかでも、月曜日に行なわれるGIII京成杯(1月14日/中山・芝2000m)は、牡馬クラシック第1弾の皐月賞と同じコースで行なわれるため、注目の重賞となります。

 同じく中山・芝2000mで行なわれる暮れのホープフルSがGIに格上げされたことで、およそ2週間後に同条件で行なわれる京成杯には、当初「メンバーがそろわないのでは?」という懸念がありました。しかし昨年は、このレースを制したジェネラーレウーノが皐月賞で3着、2着コズミックフォースが日本ダービーで3着に入るなど、クラシックでの好走馬を出して、一定のレースレベルを保っていることを示しました。

 GIとはいえ、2歳の暮れに開催されることもあって、1勝馬でも出走可能なホープフルS。それでも、GIに格上げされたことで、それなりにレベルが上がって、実際にレースそのものはハードなものになりました。

 ゆえに、たとえ素質はGI級であっても、2歳暮れの時点ではまだ力がつき切っていない成長途上の1勝馬は、無理にGIを使って消耗することを避け、なおかつ2勝以上挙げている馬が少なくなったここへ、格上挑戦となっても挑んでくる――京成杯は、そんな雰囲気のレースになっているように感じます。

 そういう意味では今後、GIのホープフルSよりもGIIIの京成杯のほうが逆に、多くのクラシック好走馬を輩出するレースになるかしれません。

 さて、今年のメンバーですが、出走予定12頭中9頭がその1勝馬となっています。そして、やはりその1勝馬の中に注目したい馬がそろっています。

 まずは、ランフォザローゼス(牡3歳)です。前走の500万特別・葉牡丹賞(2着。2018年12月1日/中山・芝2000m)では、このレースにも出走するシークレットラン(牡3歳)の後塵を拝しましたが、圧倒的な1番人気に支持されたことが、かえってアダとなった典型的なレースだったと思います。

 というのも、スタートしてすぐに2番人気の馬に外からかぶされて、内に押し込められてしまったのです。以降の道中も、4番人気の馬に終始ふたをされて、外に出すことができずじまい。さらに、4コーナーを回って直線を向いてからも、今度は勝ち馬に外からまくられて、内に押し込められてしまいました。終始マークされるこの形は、1番人気馬の”宿命”と言えるでしょう。

 結局、内の苦しいところ行かざるを得なくなったランフォザローゼス。普通の馬なら、まして新馬を勝ったばかりのキャリア1戦馬ですからね、ここでもう闘志をなくして、大敗してもおかしくありませんでした。

 しかし、ランフォザローゼスは内の馬込みを割って抜け出し、勝ったシークレットランに内から食い下がりました。負けはしましたが、内容的には勝ち馬よりもだいぶ上回っていたと思います。

 ポジティブに考えれば、皐月賞へ向けてこういうレースができたことは、いい経験になったのではないでしょうか。ランフォザローゼスはそうしたことが言えるだけの、期待の素質馬。ここでぜひ賞金を加算して、無理のないローテーションで皐月賞に向かってほしいですね。

 前走でGIII東京スポーツ杯2歳S(5着。2018年11月17日/東京・芝1800m)に出走したダノンラスター(牡3歳)も、注目の1勝馬です。

 同馬も、ランフォザローゼスとはまた違った意味で、前走で厳しい競馬に直面。そこでは、持てる能力を出し切れなかったと思います。

 新馬戦(10月7日/東京・芝2000m)では好位置から楽に抜け出すレース巧者ぶりを披露したダノンラスター。しかし前走では、スタートダッシュがつかず、後方の位置取りを強いられてしまいました。重賞ゆえ、ペースが違うことは当然ですが、新馬戦より距離が短くなったことも、少なからず影響したと思います。

 そして、その後方の位置取りのまま直線を迎えるのですが、そのときのコース取りにおいても、非常にロスが多かったと思います。パトロールビデオを見ると、内へ、外へと何度も、大きな進路変更をしているのがわかります。

 本来、真っ直ぐ走らせたほうがスピードは乗りますからね。とくにこの馬はアクションが大きめの馬ですから、なおさらです。もし真っ直ぐ走れていれば、もう少し結果も違っていたと思います。

 そのレースぶりからして、器用なところに欠けると考えると、今回の舞台が合うとは言えませんが、距離が延びることと、前走の経験があることから、今度はスムーズに外へ進路を取ることに心がけるはず。その分、プラスは見込めるでしょう。

 この馬もまた、素質を秘めた1頭。ここで賞金を加算して、楽なローテーションでクラシックへ臨み、同舞台を賑わせてほしいですね。

 その他、新馬を勝ち上がったばかりの2戦目でここに挑んでくる、ラストドラフト(牡3歳)とヒンドゥタイムズ(牡3歳)の2頭も不気味な存在です。

 新馬戦における相手のレベルを考えると、より注目されるのは、ラストドラフトでしょう。新馬戦で下した2着ヒシイグアス、4着エデリーが、次戦ですぐに勝ち上がりましたからね。しかも、この2頭ともレベルの高いレースを見せて完勝。これらを、ラストドラフトはまだまだ若さを見せながらも破っているのですから、その器は相当なものです。

 今回は、レースを経験したことでの上積みもあるでしょうし、この1カ月あまりでの成長も少なからず見込めます。前走の内容だけでは足りないと思いますが、そのプラスアルファーがあれば、勝ち負けの可能性は十分にあるでしょう。

 ここまで、将来性を見込みつつ、素質がありそうな1勝馬を取り上げてきましたが、このレースの「ヒモ穴馬」には2勝馬を取り上げたいと思います。前走の東スポ杯2歳Sで大敗(13着)を喫し、人気が急落しそうな地方馬のナイママ(牡3歳)です。


京成杯での巻き返しが期待されるナイママ

 前述した面々とは一転して、ナイママは地方・門別競馬からデビューし、前走からは同じく地方の川崎競馬へ移籍。すでに5戦を消化しており、この時期の3歳馬としては、豊富なキャリアがあります。それがゆえに、前走の大敗で底が見えたように思われて、かなり人気を落とすのではないでしょうか。

 しかし、昨夏の北海道シリーズ、オープン特別のコスモス賞(1着。2018年8月11日/札幌・芝1800m)、GIII札幌2歳S(2着。9月1日/札幌・芝1800m)でのレース内容は秀逸でした。もちろん、洋芝適性の高さや北海道の環境が合っていたことなどが好走の要因である可能性はありますが、1回の大敗だけで見限るわけにはいきません。

 札幌での2戦はともに、前の馬を捕らえようとする、非常に前向きないい走りをしていました。しかも、コスモス賞で2着に退けたのが、次走の東スポ杯2歳Sで2着となったアガラス。札幌2歳Sで競り合ったのも、同じく東スポ杯2歳Sを制したニシノデイジー(1着)と、その後にGIII京都2歳Sを勝ったクラージュゲリエ(3着)ですからね。

 その結果だけみれば、ナイママが東スポ杯2歳Sで2着に入っていてもおかしくありませんでした。ただ、そうはならないのが競馬。なかなか計算どおり、実力どおりに収まることはありません。

 とはいえ、ナイママにはそれだけの実績があることは事実。13着と大敗した前走には、そうなる理由がおそらくあったと思います。

 それが、出来なのか、イレ込みなのか、それとも脚もとの不安なのか、あるいはレース中のトラブルなのか、その理由が何かはわかりませんが、門別から川崎へ移籍しての競馬も今回が2回目。何かしら、対策を講じてくるはずです。 それによるプラス材料、上積みが見込めるならば、ここではまだ見限れないと思います。一発あっても、不思議ではありません。