きのう10日(2019年1月)は日本列島の広い範囲で、この冬一番の冷え込みとなった。東京都心の最低気温はマイナス1.2度、長野県上田市菅平は本州最低気温記録となるマイナス23.9度まで下がった。この週末は東京都心などでも初雪が予想されている。

司会の羽鳥慎一「成人式の方や3連休の方も多いですから、さあ雪でどうなるんだというところですが・・・」

14日の成人式の日まで残れば、「大雪の成人式」で大混乱となった2013年以来となる。

14日「成人式」はなんとか大丈夫そうだが・・・

気象予報士の河波貴大はこんな予想をしている。「あす12日の午後になると、南の海上から雨雲が上がってきて、山梨県と静岡県の山沿いでどうやら雪になりそうなんです。関東方面は千葉や神奈川を中心に雨になりそうです。

この雪や雨は日付が変わるころには弱まり、抜けます。都心では雪が降ってもごく短時間で、舞う程度でしょう。大きな影響というのは、どうやらなさそうです」

羽鳥「この3連休は雪に関しては大丈夫そうということです」

ただ、都心などでも朝の冷え込み、寒さが厳しいという。