新年恒例の重賞、GII日経新春杯(京都・芝2400m)が1月13日に行なわれる。

 広々とした京都・外回りコースという舞台設定もあってか、過去10年の戦績を見てみると、人気の実力馬がしっかりと結果を出している。1番人気は3勝、2着4回、3着1回、着外2回。馬券圏内(3着以内)に入る確率は8割を誇り、2番人気も1番人気を上回る4勝を挙げていて、上位人気馬の信頼度が高いレースと言える。

 とはいえ、オイシイ配当にありつける年も少なくない。たとえば、2009年には、11番人気のテイエムプリキュアが勝利して、3連単は21万3570円の高配当となった。

 他にも、10番人気のカポーティスターが金星を挙げたり(2013年)、12番人気のレッドアゲートが3着に(2010年)、10番人気のフーラブライドが2着に(2015年)突っ込んできたりして、10番人気以下の伏兵が何度となく激走。馬連や3連単などで好配当をもたらしている。

 ならば、今年も人気薄馬の台頭を見込んで、高配当を狙いたい。そこで、過去10年の成績をあらためて振り返って、今回波乱を起こしそうな穴馬を探し出してみたい。

 日経新春杯においては、穴馬になりそうな要素が3つある。ひとつ目は、このレースで過去にも好走歴がある”リピーター”だ。

 先に触れた2009年の勝ち馬テイエムプリキュアは、その前年のレースでも12番人気で3着と健闘しており、2015年の2着馬フーラブライドも、前年のレースで3着だった。さらに、2015年に7番人気で3着となったアドマイヤフライトは、その前年にクビ差の2着と勝ち負けを演じていた。

 とすると、今年は2頭の馬に目がいく。ガンコ(牡6歳)とロードヴァンドール(牡6歳)だ。



昨年の日経新春杯では2着と奮闘したロードヴァンドール

 2頭とも、昨年のレースで上位争いを演じた馬。ロードヴァンドールが2着、ガンコが3着だった。

 ガンコは昨年のレースのあと、自己条件の1600万下、GII日経賞(中山・芝2500m)と連勝して飛躍を遂げたが、その後はGI戦で惨敗を喫するなど、重賞戦線で不本意な結果が続いている。ゆえに、ここでも人気薄にとどまりそうだが、前述した”リピーター”たちも、おおよそ日経新春杯のあとは低迷。人気が急落するなか、得意舞台で巻き返しを図っているだけに、軽視は禁物である。

 片や、ロードヴァンドールは昨年のレース後、日経賞で4着となり、以降は長期休養へ。そして、年末のGIIIチャレンジC(2018年12月1日/阪神・芝2000m)で復帰を果たした。その復帰戦で12着と大敗したため、こちらも上位人気は見込めないが、実績のあるコースで迎える叩き2戦目、大駆けがあっても不思議ではない。

 ふたつ目のポイントは、格上挑戦となる”1000万下を勝ったばかりの馬”だ。

 先述のカポーティスターやガンコがそのいい例。ともに1000万下を勝ったばかりで1600万下の身でありながら、果敢に重賞に挑戦。軽ハンデを生かして、勝ち負けを演じた。また、2009年に4番人気で3着となったタガノエルシコも同様である。

 そして今年は、1000万下を勝って直接ここに挑んでくる馬はいないが、それに近い臨戦過程の馬がいる。

 サラス(牝4歳)である。

 明け4歳の同馬は、2走前に1000万下(2018年10月14日/京都・芝2200m)を勝って、続く1600万特別のオリオンS(12月9日/阪神・芝2400m)でも3着と奮闘した。

 ただ、あくまでも1600万下の条件馬で、ここは格上挑戦となる。おかげで、前評判では伏兵の1頭という扱いにすぎないが、ここ2戦の結果から2400m前後の距離が合っているのは明らか。過去に穴を開けた面々と同じく、軽ハンデを生かして上位進出を果たしてもおかしくない。

 3つ目のポイントとなるのは不確定要素が強いが、”4番人気の馬”だ。

 冒頭で1、2番人気の強さを記したが、実はこのレース、4番人気の好走例が非常に多い。過去10年で、2着に1回、3着に5回入っており、3着以内の総数では1番人気(計8回)に次ぐ、好成績を残している。

 今回は1番人気になる馬の予想さえ難しく、かなり人気は割れそう。その分、4番人気になる馬を絞り込むのは一段と難解を極めるが、ここではその候補として、アフリカンゴールド(牡4歳)を挙げたい。

 昨年の夏から秋にかけて500万下、1000万下と連勝を飾った同馬。その勢いに乗って、前走ではGI菊花賞(2018年10月21日/京都・芝3000m)に挑んだ。結果は12着に終わり、ここは再び格上挑戦となるが、レベルが高いと言われる明け4歳馬。しかも、同じ明け4歳の牡馬の中では、斤量52kgとハンデはもっとも恵まれた。

 今回と同じ京都・芝2400m戦での勝ち鞍もあり、当日のオッズで4番人気となれば、上位争いへの期待はますます膨らむ。 新シーズンを迎えたばかりの中央競馬。まだ”初当たり”が出ていない人も、すでに馬券的中を果たした人も、ここに挙げた4頭に命運を託して、少し遅めの”ビッグなお年玉”を狙ってみてはどうだろうか。