トルクメニスタン戦で2点に絡んだ原口。ロシアW杯で見せたスプリント、献身は健在だ。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているアジアカップ。2大会ぶり5度目の優勝を狙う日本代表は、現地1月9日に行なわれた初戦、トルクメニスタン戦に3-2で勝利した。

 日本はトルクメニスタンに先制点を奪われ、前半はリードされて折り返すという苦しい展開となった。しかし、後半に大迫勇也の2得点、堂安律の1ゴールで逆転。その後、PKで1点返され、勢いづいたトルクメニスタンの猛攻にあうが、耐え切って勝利を収めた。

 現地UAEメディアの『SPORT360』は、「日本の長所と短所が浮き彫りになった試合だが、勝ち切ったのは日本の実力だ」と報じた。また、この試合で最も活躍した選手には、ゴールを決めた大迫でも堂安でもなく、原口元気を選出している。

「原口元気は大迫勇也の1点目を演出する起点となり、日本の攻撃陣を牽引した存在だった。日本の左サイドハーフで躍動した8番は、ロシア・ワールドカップのラウンド16でベルギーを相手に2得点を奪ったチームでも活躍した存在である。

 原口は間違いなくこの日、彗星のような活躍をしたひとりだ。彼のプレーはエクスタシーを感じさせるものであり、サムライブルーを導き、彼自身も頬に笑みを浮かべながらプレーをする姿も見られた。彼の活躍によって日本は同点に追いつくことが可能になった。大迫の2点目を引き出す起点となったのも原口のカットインからだ。彼はこの日、日本代表における有効な攻撃をもたらす“供給者”だった」

 ほかにも、原口は「右サイドハーフの堂安との“双翼”としてエキサイティングなサイド攻撃を展開することができる。日本代表の命運はこのふたりの出来が握っているだろう。少なくともトルクメニスタン戦では原口が十分な働きをした」と絶賛されている。

 日本代表の攻撃にスイッチを入れる、頼れるベテランとして注目されている原口。13日に行なわれる第2戦のオマーン戦でも活躍が期待される。