「今日から俺は!」の後番組で今回も学園モノだが、コメディではなく、ミステリーで、先が読めない展開にドキドキが止まらない。今期の日曜夜も楽しめそうだ。

主演は菅田将暉だ。NHK朝ドラ「まんぷく」では、GHQに捕まった萬平さん(長谷川博己)のために奔走するヒーローのような弁護士役を好演している。真面目で誠実、正義感の強い弁護士から一転し、今度は生徒を人質にして教室に立てこもる美術教師である。

同じ丸めがねでも、まったく違う役どころを、菅田は巧みに演じ分けている。若手実力派俳優と言われるだけのことはある。

キラリ光る男子生徒・神尾楓珠にご注目

舞台の私立魁皇高校は卒業式まであと10日。3年A組の担任で美術教師の柊一颯(ひいらぎ・いぶき)は、29人の生徒を前に「今から皆さんには人質になってもらいます」と宣言する。数か月前の生徒の自殺の理由をみんなで考え、不正解だったら、誰か1人に死んでもらうと言う。

学園モノで気になるのは生徒役の顔ぶれだ。「金八先生」の時代から、学園モノの生徒役にはお宝が隠れているが、今回の女子生徒に永野芽郁、上白石萌歌、川栄李奈、今田美桜、福原遥と売れっ子揃いである。朝ドラ「半分、青い。」ですっかり苦手意識をもった永野芽郁だが、今回はそんなに悪くない

男子生徒のイチオシは神尾楓珠。「恋のツキ」の高校生役もよかったが、集団の中にいてもキラリと光る存在だ。ここから未来のスターが出てくるかもしれないので、ほかの生徒も注目しておきたい。

エンディングで教師と生徒が仲良く笑顔で写真を撮り合う映像が流されるが、これは興ざめ。ドラマ通りに、緊張感を持たせたまま終わらせてくれたほうがいいのに。イヤミス(嫌な気分になるミステリー小説)に通じるイヤドラか。(日曜よる10時30分〜)

くろうさぎ